Annex
 1  |  2  |  3  |  4  |  5 

2014年09月27日(土)

枋木と田中が優勝。第26回サマーバイアスロン日本選手権1日目

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会は27日、西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区)で初日の男女インディビデュアル競技が行われた。 強風の中で、各選手は射撃に苦しみ、男女ともに最小ペナルティだった枋木 司と田中友里恵が優勝した。
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会インディビジュアル種目男子20kmで優勝した枋木 司(陸自冬戦教)

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
2位:猪股和弥(陸自冬戦教)
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
3位:尾崎光輔(陸自冬戦教)

順位 Bib 氏名 所属 走行タイム P S P S T トータルタイム 時間差
1 8 枋木 司 陸自冬戦教 49:37.2 0 2 1 4 7 0:56:37.2 +00:00.0
2 2 猪俣 和弥 陸自冬戦教 50:06.4 3 1 3 1 8 0:58:06.4 +01:29.2
3 5 尾崎 光輔 陸自冬戦教 51:04.2 1 2 3 2 8 0:59:04.2 +02:27.0
4 12 立崎 幹人 陸自冬戦教 50:38.0 3 2 2 2 9 0:59:38:0 +03:00.8
5 11 田中 北人 陸自冬戦教 52:57.1 2 1 2 2 7 0:59:57.1 +03:19.9
6 6 前田 亮 陸自冬戦教 52:25.1 3 2 0 3 8 1:00:25.1 +03:47.9
7 1 寺林 拓人 陸自冬戦教 52:41.1 3 1 1 3 8 1:00:41.1 +04:03.9
8 4 角田 稜 陸自冬戦教 51:48.4 3 1 4 1 9 1:00:48.4 +04:11.2
9 7 中島 有基 陸自冬戦教 51:30.7 2 4 2 4 12 1:03:30.7 +06:53.5
10 13 清水目 亮 陸自冬戦教 55:18.2 2 1 3 3 9 1:04:18.2 +07:41.0
11 10 児玉 翔平 陸自冬戦教 54:57.6 4 2 1 3 10 1:04:57.6 +08:20.4
12 3 倍賞 和己 陸自冬戦教 51:45.5 3 3 4 4 14 1:05:45.5 +09:08.3
13 9 市村 耕太郎 東京農大 55:40.2 1 5 1 5 12 1:07:40.2 +11:03.0


第26回サマーバイアスロン日本選手権大会インディビデュアル女子15km 優勝の田中友里恵(陸自冬戦教)

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 
2位:鈴木李奈(陸自冬戦教)
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 
3位:鈴木芙由子(陸自冬戦教)

順位 Bib 氏名 所属 走行タイム P S P S T トータルタイム 時間差
1 29 田中 友里恵 陸自冬戦教 42:31.8 0 2 0 1 3 0:45:31.8 +00:00.0
2 28 鈴木 李奈 陸自冬戦教 42:21.6 0 3 1 0 4 0:46:21.6 +00:49.8
3 24 鈴木 芙由子 陸自冬戦教 40:53.0 1 1 2 2 6 0:46:53.0 +01:21.2
4 25 小林 美貴 陸自冬戦教 42:01.3 1 2 2 1 6 0:48:01.3 +02:29.5
5 27 栗田 茜 陸自冬戦教 45:43.2 2 3 1 1 7 0:52:43.2 +07:11.4
6 22 佐藤 桂 陸自冬戦教 43:06.4 2 3 3 3 11 0:54:06.4 +08:34.6
7 26 工藤 和瑚 陸自冬戦教 45:06.1 2 4 3 2 11 0:56:06.1 +10:34.3
8 23 石井 翔子 龍谷クラブ 46:31.5 5 4 2 5 16 1:02:31.5 +16:59.7
8 21 竹田 千夏 日本大学 46:10.8 4 4 4 5 17 1:03:10.8 +17:39.0


第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
東京農大の市村耕太郎(写真上)と日本大学の竹田千夏(同右)は、まだ競技銃ライセンスを取得していないため、レーザーライフルで参加した。
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会自衛隊以外の民間からの参加となる石井翔子選手はこのケージの中で射撃する。 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会

Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年03月22日(土)

小林、小浅が優勝 第15回伊藤杯シーズンファイナルジャンプ

ノルディックスキー・ジャンプ今季国内最終戦の第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会は22日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(K点120メートル、HS134メートル)で行われ、男子は小林潤志郎(東海大学)が133.5メートル、138.5メートルの286.1点で優勝した。
この大会を最後に引退する1998年長野冬季五輪団体金メダリストで43歳の岡部孝信(雪印メグミルク)は124.5メートル、121.5メートルの合計237.3点で10位だった。
女子は小浅星子(ライズJC)が105メートル、99.5メートルの152.1点で現役最後の試合を制し、同じく引退する吉泉賀子(日本空調サービス)は3位だった。 葛西紀明、高梨沙羅らW杯遠征組は不出場。
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
男子優勝の小林潤志郎(東海大学)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会2位:鈴木 翔(水上SC)
269.5点(129.0m,133.5m)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会3位:佐藤幸椰(札幌日大高校)
262.1点(127.5m,129.5m)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
女子優勝の小浅星子(ライズJC)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会2位:渡邉 陽(札幌日大高校)
139.0点(101.0m,96.5m)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会3位:吉泉賀子(日本空調サービス)
128.2点(90.0m,101.5m)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
表彰式終了後、今季限りで現役を退く選手の引退セレモニーが行われた。 右から岡部孝信(雪印メグミルク)、田仲翔大(加森観光&井原水産)、湯本史寿(東京美装)、佐々木悠兵(日本空調サービス)、成田祐介(明治大学)、岡田欣也(日本大学)、遠藤晃太(山形スキージャンプクラブ)、成田 岬(下川商業高校)、吉泉賀子(日本空調サービス)、小浅星子(ライズJC)
引退セレモニーでは恒例の青野さんによる花向けの”ラストコール”、そして選手、関係者やファンから花束などが贈られた。

岡部孝信は、「成績が良い時も悪い時も一生懸命やってきたので自分のジャンプ人生に一点の曇りもありません」と声を詰まらせ涙ぐんだ。
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信 第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信
(岡部の1本目)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

(岡部のラストジャンプ)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

(ラストジャンプ後に後輩たちから胴上げされる岡部)

Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年03月08日(土)

バイアスロン井佐が引退レース 第85回宮様スキー大会

第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技は8日、西岡バイアスロン競技場(札幌市)でリレー競技が行われた。 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
(冬戦教Fチーム第1走者の鈴木芙由子)


競技銃は1チーム男女4人の混合リレーが行われ、陸自冬戦教Eチームが1時間28分19.9秒で2位に50.9秒の差をつけて優勝した。第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
(冬戦教Eチームのアンカー中島有基)
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技第1走者 中島由貴 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技左から栗田 茜、中島有基、前田 亮、中島由貴


一般銃は高田2普連(柿崎祐司、片桐康太、五十嵐太博、宮澤健二)が1時間45分51.2秒で優勝した。第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
(高田2普連アンカーの宮澤健二)
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技


五輪に4大会(ソルトレーク、トリノ、バンクーバー、ソチ)連続出場した井佐英徳(37)は、現役最後のレースとなった。3走の井佐は射撃でペナルティーを出さず、7・5キロを区間1位で走り終えた。
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技

第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技レース終了後に引退セレモニーが行われ、自衛隊の同僚に胴上げされ、「上げられるたびに、終わるんだなという思いが込み上げてきた」と涙ぐんだ。
その後に行われた記者会見では、「常に上だけを目指し、諦めずに練習に打ち込んできた。16年間も競技をさせてもらい、感謝という言葉しかない」と競技人生を振り返った。また、引退を心に決めて臨んだソチ五輪は、10キロスプリントで71位、20キロでは84位だったが、「しっかり走り終えられた。すっきりした形で大会を終えることができた」。 将来は指導者を目指し「自分を超える選手を育て、競技自体も人気が出るようにしていきたい」と笑顔で語った。

第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技 第85回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技
Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年03月01日(土)

男子は尾崎、女子は鈴木が優勝 第50回バイアスロン日本選手権

第50回バイアスロン競技全日本選手権大会は1日、スプリント競技が西岡バイアスロン競技場(札幌市)で行われた。 
第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
競技銃女子7.5kmはソチ五輪代表の鈴木芙由子(陸自冬戦教)が2位に2分25.9秒差の24分9.7秒で優勝した。
第50回バイアスロン競技全日本選手権大会 第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
2位:田中友里恵(陸自冬戦教)
第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
3位:御処野光沙(陸自冬戦教)

第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
競技銃男子10kmは、尾崎光輔(陸自冬戦教)が26分14.3秒で優勝

第50回バイアスロン競技全日本選手権大会
2位:角田 稜(陸自冬戦教)
第50回バイアスロン競技全日本選手権大会3位:中島有基(陸自冬戦教)
       

3月1日
◆スプリント種目 競技銃 男子 10Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
尾崎 光輔 陸自 冬戦教 1 0 1 26:14.3 00:00.0
角田 稜 陸自 冬戦教 0 1 1 26:17.6 00:03.3
中島 有基 陸自 冬戦教 1 2 3 27:16.9 01:02.6
 
◆スプリント種目 競技銃 男子Jr 10Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
寺林 拓人 陸自 冬戦教 2 2 4 28:44.5 00:00.0
倍賞 和己 陸自 冬戦教 1 3 4 29:35.7 00:00.0
 
◆スプリント種目 競技銃 女子 7.5Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
鈴木 芙由子 陸自 冬戦教 0 0 0 24:09.7 00:00.0
田中 友里恵 陸自 冬戦教 0 1 1 26:35.6 02:25.9
御処野 光沙 陸自冬戦教 0 0 0 26:39.8 02:30.1
 
◆スプリント種目 競技銃 女子Jr 7.5Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
滝澤 風夏 陸自 冬戦教 1 3 4 30:52.2 00:00.0
工藤 和楜 陸自 冬戦教 3 4 7 31:31.3 00:39.1
 
◆スプリント種目 一般銃 男子 10Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
横浜 未来 青森5普連 2 3 5 28:29.7 00:00.0
清水目 裕章 海上自衛隊 大湊 2 3 5 29:21.8 00:52.1
大平 隼人 弘前39普連 0 4 4 29:34.4 01:04.7
 
◆スプリント種目 一般銃 男子Jr 10Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
大村 大志 秋田自衛隊 4 4 8 31:57.0 00:00.0
大山 拓也 神町バイアスロン 5 3 8 32:26.4 00:29.4
藤嶋 真人 秋田自衛隊 5 4 9 33:39.7 01:42.7

第50回バイアスロン競技全日本選手権大会

Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年02月08日(土)

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会(北海道ボブスレー・スケルトン連盟主催)が8日、札幌市藤野リュージュ競技場で行われた。

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

※写真は小林たかき(TK Sports Shooting)の2本目滑走

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会競技開始前にライディングフォームのレクチャー 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会滑走順番のドロー
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会3位までトロフィーがもらえる 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会競技に使用するスケルトン
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会参加者の経験値の差を考慮して、公平を期すためにスケルトンに乗った状態で、大会スタッフが押してスタート。 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会
順位 1本目
滑走順
2本目
滑走順
氏名 所属 1本目
タイム
1本目
順位
2本目
タイム
2本目
順位
合計
タイム
1 4 4 小林たかき TK Sports Shooting 25.11秒 1 24.62秒 1 0:49.73
2 3 3 藤井千絵 NHK札幌 25.75秒 2 25.06秒 2 0:50.81
3 2 2 天野宗夫 阿部新聞店 26.02秒 3 25.31秒 3 0:51.33
4 1 1 坂本優子 十勝毎日新聞社 27.33秒 4 25.78秒 4 0:53.11

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

(練習滑走の様子 本番ではスケルトンに乗った状態でスタート)

Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年02月02日(日)

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会(主催:札幌市、札幌市体育協会 主管:札幌リュージュ連盟)が2日、札幌市藤野リュージュ競技場で行われた。  (写真は競技選手の部で優勝したヒューゴ・アルベスさん)

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会小中学生の部、一般市民の部(女子)、一般市民の部(男子)、競技選手の部、4クラス合計62名が参加。 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会開会式で選手宣誓を行なう、競技選手の部出場の東駿佑さん
            

競技選手の部(滑走距離400m)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
ヒューゴ アルベス スパークイングリッシュスクール 55.782 (27.937, 27.845)
松本 大 札幌新陽高校 57.018 (28.351, 28.667)
東 駿佑 札幌新陽高校 57.043 (28.518, 28.525)
澤田海斗 朝日大学 57.914 (29.444, 28.470)
松本 悠 札幌市立藤野南小学校 58.009 (29.013, 28.996)
矢田目虎流 札幌市立南の沢小学校 58.135 (29.106, 29.029)
(10名参加)
小中学生の部 (滑走距離250m) 
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
伊藤慎吾 札幌市立陵北中学校 44.976 (22.531, 22.445)
前田樹利 札幌市立東札幌小学校 47.328 (23.766, 23.562)
佐々木斗也 札幌市立南の沢小学校 47.504 (23.804, 23.700)
山口雄大 札幌市立簾舞小学校 48.057 (23.998, 24.059)
大高柚衣 札幌市立藤の沢小学校 49.800 (24.851, 24.949)
宮下七海 札幌市立真駒内桜山小学校 50.125 (25.685, 24.440)
(8名参加)

一般市民の部(女子 滑走距離250m) 
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
佐藤ひろみ   48.205 (24.199, 24.006)
伊藤 瞳 八軒北児童会館 48.330 (24.336, 23.994)
安田優子   48.934 (24.514, 24.420)
瀧山純代 セントラル創建 50.438 (26.059, 24.379)
矢島靖子 snow surfes 50.720 (25.312, 25.408)
後藤なみ   51.801 (27.389, 24.412)
(8名参加)
一般市民の部(男子 滑走距離250m)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
湯浅貴文 北海道工業大学 44.883 (22.288, 22.595)
岡本彰博 陸上自衛隊 44.963 (22.472, 22.491)
柴田栄治 旭川電気軌道 46.068 (23.160, 22.908)
玉置雄一 北海道工業大学 46.090 (23.217, 22.873)
菅原大策 北海道JRエージェンシー 46.155 (22.821, 23.334)
小林たかき TK Sports Shooting 46.244 (23.186, 23.058)
(36名参加)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年01月27日(月)

ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会

ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会ソチオリンピックリュージュ競技で日本勢としてただ1人出場権を得て日本代表となった、金山英勢選手(23歳、札幌学院大)の壮行会が27日、所属する北海道リュージュ連盟の主催により、札幌市内のホテルで行われ、多くの関係者から激励を受けた。 ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会


ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手記者会見

壮行会の前に行なわれた記者会見では、「上位入賞できるように頑張りたい。」と抱負を語り、ガッツポーズで意気込みを見せた。

 

<リュージュ競技日程>

現地時間 日本時間 競技種目
2/8 18:30 2/8 23:30 男子1人乗り
(1本目・2本目)
2/9 18:30 2/9 23:30 男子1人乗り
(3本目・4本目)

Copyright ©2004-2014 TK Sports Shooting, All Rights reserved
 1  |  2  |  3  |  4  |  5 


Last Update: 2014/10/04 19:46