Annex
 1  |  2  |  3  |  4  |  5 

2015年01月10日(土)

高梨沙羅が今季初優勝 スキージャンプW杯女子・札幌大会

FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:高梨沙羅ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会は10日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第2戦が行なわれ、W杯個人総合2連覇の高梨沙羅(18)(クラレ)が97メートル、98メートルを飛び、2位に18・8点の大差を付ける249.9点で今季初優勝。W杯通算25勝目。(写真は1回目のジャンプ)
2位はダニエラ・イラシュコ(オーストリア)、3位はシュペラ・ロゲリ(スロベニア)。
伊藤有希(土屋ホーム)は15位(199.0点:76m,91.5m)、勢藤(せとう)優花(ゆうか)(旭川龍谷高)が22位(183.3点:80.5m,88.5m)、岩渕香里(松本大)が25位(179.4点:79.5m,80.5m)、茂野美咲(CHINTAI)は27位(176.4点:80m,68.5m)、小林諭果(早大)は30位(162.6点:82.5m,75m)だった。
大井栞(札幌少年団)、山田優梨菜(長野・白馬高)、松橋亜希(東海大)、竹田歩佳(デンソー北海道)は2回目に進めず、渡瀬あゆみ(サッポロスキッド)、沢谷夏花(札幌大ク)は予選落ちした。


FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:ダニエラ・イラシコシュトルツ

2位:ダニエラ・イラシコシュトルツ(オーストリア)
231.1点(89.5m、94m)

FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:シュペラ・ロゲイユ

3位:シュペラ・ロゲイユ(スロベニア)
226.3点(88.5m、96.5m)

FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:高梨沙羅 FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:高梨沙羅
FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:高梨沙羅 FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:ダニエラ・イラシュコ、高梨沙羅、シュペラ・ロゲリ

FISジャンプワールドカップレディース2015札幌大会:高梨沙羅

(優勝した高梨沙羅の2回目のジャンプ)

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2015年01月01日(木)

謹賀新年 2015

晴れ 明けましておめでとうございます。 晴れ
謹賀新年 2015

2015年賀状 今年も TK Sports Shooting をよろしくお願いします。

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

投稿者 Takaki : 00:00
雑記

2014年11月16日(日)

雪ミク電車2015は「雪ミク+植物」17日から運行

雪ミク電車2015

雪ミク電車2015

17日から運行が開始となる札幌発の人気仮想アイドル「初音ミク」の冬季版「雪ミク」を描いた「雪ミク電車」の内覧会が16日午前、札幌市交通局電車事業所(中央区南21条西16丁目)で行なわれた。

午前10時からの報道向け内覧会の後、一般公開が行なわれ、多くのファンが訪れて写真撮影などを行なっていた。
5回目の今年は、「雪ミク+植物」をテーマにデザインしたフルラッピングを昨年と同じ3302号に施した。

車内の案内放送は初音ミクの声優である藤田咲さんの声で、内装も特別バージョンとなっている。

平成26年11月17日から平成27年3月29日まで、午前7時から午後6時ころの間で7往復運行される。
主催は市電の会、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、札幌市交通局

雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015
雪ミク電車2015 雪ミク電車2015

雪ミク電車2015

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

投稿者 Takaki : 22:14
雑記 ,

2014年11月08日(土)

ブルームボール世界大会2014 in 苫小牧

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

ブルームボール世界大会は8日、最終日の決勝などが苫小牧市で行われ、カナダ勢が全4部門を制した。

日本からは男子にはナショナルジャパン、リガーメジャパン、女子には雅ジャパンと桜ジャパン、男女混合にはアイスダックスジャパン、マスターズには侍ジャパンの7チームが出場し、桜ジャパンの3位が最高だった。

ブルームボールはカナダ発祥のアイスホッケーに似たスポーツ。隔年で開催される世界大会のアジアでの開催は初めてで、6カ国(日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イタリア、スイス)から28チーム、約450人が出場した。

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

男子決勝 Calgary Cowboys – CAN (0 – 3) Yellowknife Ravens - CAN

 

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

女子決勝 Australia Dingoes Gold – AUS (1 – 2) NWT Rebels - CAN

 

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

男女混合決勝 GT Quebec – CAN (1 – 0) L’Artic Quebec - CAN

 

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

マスターズ決勝 Eastern Canada Most Wanted – CAN (4 – 1) Lars Quebec - CAN

 

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

男子CC決勝 Legame Japan – JPN (1 – 3) Italy - ITA


ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧
ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧 ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

ブルームボール世界大会 2014 in 苫小牧

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年11月01日(土)

サッポロファクトリーでジャンボクリスマスツリー点灯式

2014 サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー点灯式1日、札幌市中央区の複合商業施設「サッポロファクトリー」のアトリウムで、毎年恒例のジャンボクリスマスツリー点灯式が行われ、一般公募で選ばれた10名のライトアップキッズと広尾サンタキッズ、広尾町長、北海道四季劇場次回作「キャッツ」出演予定キャスト、冬季オリンピックに4度出場したオールマウンテン ザ スキーヤー 佐々木明さんがカウントダウンにあわせて点灯スイッチを押した。 ツリーにイルミネーションが灯ると、訪れた多くの見物客から歓声が上がった。
2014 サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー点灯式
広尾町から寄贈されたツリーは高さ約15メートル、重さ約3トン、樹齢約40年のトドマツ(根付き)。イルミネーション数は約3万5千個で、約1千個のオーナメントが飾りつけられている。点灯期間は12月25日まで、毎日16時から22時まで1時間ごとに約5分間、音楽に合わせてイルミネーションが美しく変化する。
2014 サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー点灯式 Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

投稿者 Takaki : 23:08
雑記 ,

2014年09月27日(土)

枋木と田中が優勝。第26回サマーバイアスロン日本選手権1日目

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会は27日、西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区)で初日の男女インディビデュアル競技が行われた。 強風の中で、各選手は射撃に苦しみ、男女ともに最小ペナルティだった枋木 司と田中友里恵が優勝した。
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会インディビジュアル種目男子20kmで優勝した枋木 司(陸自冬戦教)

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
2位:猪股和弥(陸自冬戦教)
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
3位:尾崎光輔(陸自冬戦教)

順位 Bib 氏名 所属 走行タイム P S P S T トータルタイム 時間差
1 8 枋木 司 陸自冬戦教 49:37.2 0 2 1 4 7 0:56:37.2 +00:00.0
2 2 猪俣 和弥 陸自冬戦教 50:06.4 3 1 3 1 8 0:58:06.4 +01:29.2
3 5 尾崎 光輔 陸自冬戦教 51:04.2 1 2 3 2 8 0:59:04.2 +02:27.0
4 12 立崎 幹人 陸自冬戦教 50:38.0 3 2 2 2 9 0:59:38:0 +03:00.8
5 11 田中 北人 陸自冬戦教 52:57.1 2 1 2 2 7 0:59:57.1 +03:19.9
6 6 前田 亮 陸自冬戦教 52:25.1 3 2 0 3 8 1:00:25.1 +03:47.9
7 1 寺林 拓人 陸自冬戦教 52:41.1 3 1 1 3 8 1:00:41.1 +04:03.9
8 4 角田 稜 陸自冬戦教 51:48.4 3 1 4 1 9 1:00:48.4 +04:11.2
9 7 中島 有基 陸自冬戦教 51:30.7 2 4 2 4 12 1:03:30.7 +06:53.5
10 13 清水目 亮 陸自冬戦教 55:18.2 2 1 3 3 9 1:04:18.2 +07:41.0
11 10 児玉 翔平 陸自冬戦教 54:57.6 4 2 1 3 10 1:04:57.6 +08:20.4
12 3 倍賞 和己 陸自冬戦教 51:45.5 3 3 4 4 14 1:05:45.5 +09:08.3
13 9 市村 耕太郎 東京農大 55:40.2 1 5 1 5 12 1:07:40.2 +11:03.0


第26回サマーバイアスロン日本選手権大会インディビデュアル女子15km 優勝の田中友里恵(陸自冬戦教)

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 
2位:鈴木李奈(陸自冬戦教)
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 
3位:鈴木芙由子(陸自冬戦教)

順位 Bib 氏名 所属 走行タイム P S P S T トータルタイム 時間差
1 29 田中 友里恵 陸自冬戦教 42:31.8 0 2 0 1 3 0:45:31.8 +00:00.0
2 28 鈴木 李奈 陸自冬戦教 42:21.6 0 3 1 0 4 0:46:21.6 +00:49.8
3 24 鈴木 芙由子 陸自冬戦教 40:53.0 1 1 2 2 6 0:46:53.0 +01:21.2
4 25 小林 美貴 陸自冬戦教 42:01.3 1 2 2 1 6 0:48:01.3 +02:29.5
5 27 栗田 茜 陸自冬戦教 45:43.2 2 3 1 1 7 0:52:43.2 +07:11.4
6 22 佐藤 桂 陸自冬戦教 43:06.4 2 3 3 3 11 0:54:06.4 +08:34.6
7 26 工藤 和瑚 陸自冬戦教 45:06.1 2 4 3 2 11 0:56:06.1 +10:34.3
8 23 石井 翔子 龍谷クラブ 46:31.5 5 4 2 5 16 1:02:31.5 +16:59.7
8 21 竹田 千夏 日本大学 46:10.8 4 4 4 5 17 1:03:10.8 +17:39.0


第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
東京農大の市村耕太郎(写真上)と日本大学の竹田千夏(同右)は、まだ競技銃ライセンスを取得していないため、レーザーライフルで参加した。
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会自衛隊以外の民間からの参加となる石井翔子選手はこのケージの中で射撃する。 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会
第26回サマーバイアスロン日本選手権大会 第26回サマーバイアスロン日本選手権大会

第26回サマーバイアスロン日本選手権大会

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2014年03月22日(土)

小林、小浅が優勝 第15回伊藤杯シーズンファイナルジャンプ

ノルディックスキー・ジャンプ今季国内最終戦の第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会は22日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(K点120メートル、HS134メートル)で行われ、男子は小林潤志郎(東海大学)が133.5メートル、138.5メートルの286.1点で優勝した。
この大会を最後に引退する1998年長野冬季五輪団体金メダリストで43歳の岡部孝信(雪印メグミルク)は124.5メートル、121.5メートルの合計237.3点で10位だった。
女子は小浅星子(ライズJC)が105メートル、99.5メートルの152.1点で現役最後の試合を制し、同じく引退する吉泉賀子(日本空調サービス)は3位だった。 葛西紀明、高梨沙羅らW杯遠征組は不出場。
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
男子優勝の小林潤志郎(東海大学)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会2位:鈴木 翔(水上SC)
269.5点(129.0m,133.5m)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会3位:佐藤幸椰(札幌日大高校)
262.1点(127.5m,129.5m)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
女子優勝の小浅星子(ライズJC)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会2位:渡邉 陽(札幌日大高校)
139.0点(101.0m,96.5m)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会3位:吉泉賀子(日本空調サービス)
128.2点(90.0m,101.5m)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
表彰式終了後、今季限りで現役を退く選手の引退セレモニーが行われた。 右から岡部孝信(雪印メグミルク)、田仲翔大(加森観光&井原水産)、湯本史寿(東京美装)、佐々木悠兵(日本空調サービス)、成田祐介(明治大学)、岡田欣也(日本大学)、遠藤晃太(山形スキージャンプクラブ)、成田 岬(下川商業高校)、吉泉賀子(日本空調サービス)、小浅星子(ライズJC)
引退セレモニーでは恒例の青野さんによる花向けの”ラストコール”、そして選手、関係者やファンから花束などが贈られた。

岡部孝信は、「成績が良い時も悪い時も一生懸命やってきたので自分のジャンプ人生に一点の曇りもありません」と声を詰まらせ涙ぐんだ。
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信 第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信
(岡部の1本目)

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

(岡部のラストジャンプ)
第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 岡部孝信

(ラストジャンプ後に後輩たちから胴上げされる岡部)

Copyright ©2004-2015 TK Sports Shooting, All Rights reserved
 1  |  2  |  3  |  4  |  5 


Last Update: 2015/1/10 22:11