« 世界ノルディック札幌大会4日目 女子距離複合(15キロ) | メイン | 世界ノルディック札幌大会6日目 CC女子10km »

2007年02月25日(日)

■ 世界ノルディック札幌大会4日目 ジャンプ団体戦で日本が銅メダル

ジャンプのラージヒル(HS134メートル)団体が大倉山ジャンプ競技場行われ、日本(栃本翔平:北海道尚志学園高、岡部孝信:雪印、伊東大貴:土屋ホーム、葛西紀明:同)が905.9点で3位に入り、2大会ぶりのメダルを獲得した。
喜びに湧く日本チーム(左から葛西、伊東、岡部、栃本)
喜びに湧く日本チーム(左から葛西、伊東、岡部、栃本)

栃本翔平、岡部孝信
左:栃本翔平 198.9点(118.0m,110.0m)
右:岡部孝信 225.8点(121.0m,120.0m)

伊東大貴、葛西紀明
左:伊東大貴 243.3点(117.0m,131.5m)
右:葛西紀明 237.9点(128.0m,117.5m)

伊東大貴、葛西紀明
左:2回目に131.5メートルの大ジャンプを決めガッツポーズの伊東大貴
右:2回目、メダル獲得を確信して笑みがもれる葛西紀明

喜びに湧く日本チーム
銅メダル確定。2回目のジャンプを終えた葛西に抱きつき喜ぶ伊東、栃本、岡部。

(↓クリックで拡大表示)
フラワーセレモニー
競技終了後、ブレーキングトラックで行なわれたフラワーセレモニー。
1位:オーストリア 1000.2点
2位:ノルウェー 953.5点
表彰式は26日17時から17:00から札幌駅南口広場、ノルディックファンパークで行なわれる。
大倉山ジャンプ競技場観客席
7270人の観客がつめかけ、日本選手の活躍に湧いた。






■今日の舞台裏
大倉山ジャンプ台 ランディングバーン横の階段
ランディングバーン横のフォトポジションへ行くには、この階段を昇る。着く頃には汗だくになってしまう。ちなみに110mから140mの間ではジャッジの関係で撮影できない。
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年02月25日 23:59
カテゴリー: ノルディックスキー , ジャンプ , スポーツ Tags : 世界ノルディック札幌大会

コメント

フラワーセレモニーのあの花なんだったんでしょうね?花
白くって雪の結晶のような形に見えたのですが
紙か何かの作り物??だったのか。。。
オーストリアの選手も
ノルウェーの選手もさかんに匂いを嗅ぐしぐさをしてたので
匂いつき??
それとも本物の花もあったのかしら・・・・

投稿者 けば。 : 2007年02月26日 16:37

すごく興奮して、テレビにかじりついていました。
それを見ていた嫁はとても冷めていました。
「テレビがあれば、一人でも大丈夫だね」と。
ん、これって、なんかマズイ傾向ですよね。

投稿者 jupiter : 2007年02月27日 01:21

あの花、菊とは聞きましたが
白の大輪菊とはねぇ~~~~。
ピンポンマムかなにかかなぁと思っていたのですが
ふ~~~~~む。
まぁ、、、日本を代表する花ですから。
しかし、、、白菊の大輪だったとは・・・・・汗

投稿者 K子 : 2007年02月28日 17:25

■けば。さん、K子さん
おふたりは銅メダル獲得よりも、お花の方が気になるようですね。
そう言われて良く見たら、確かに白菊でしたね。
でも、なんだかポップコーンみたいに見えるんですよね。タラッ

■jupiterさん
おやまぁ、大丈夫ですか?

投稿者 Takaki [TypeKey Profile Page] : 2007年02月28日 19:58