2010年11月27日(土)

2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦

「ジャパンカップスピードスケート競技会」(日本スケート連盟主催)の第2戦 札幌オリンピック記念真駒内大会は27日、初日の競技が真駒内セキスイハイムスタジアムで行われた。
今季から創設されたジャパンカップは、シーズン全5戦で総合順位を争い、海外遠征中のワールドカップ組は出場しないが、国内大会を充実させて競技力向上を目指す大会にしたいとしている。
(昨季までの真駒内選抜を第2戦として開催)
上條有司 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦
男子500メートルは1、2回ともにトップのタイム(36秒55、36秒24)をマークした上條有司(日本電産サンキョー)が第1戦に続いて2戦連続優勝。
池田晋一朗 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦2位:池田晋一朗(日本大学)
37秒01、36秒69
富岡幸弘 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦3位:富岡幸弘(山中湖スケートクラブ)
37秒17、36秒68


住吉都 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦
女子500メートルは、同じく2本ともトップタイム(40秒63、40秒74)で住吉 都(堀技研工業株式会社)が優勝した。
大菅小百合 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦2位:大菅小百合(大和ハウス工業)
40秒64、40秒81
神谷衣理那 2010/2011 ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦3位:神谷衣理那(日本電産サンキョー)
40秒73、40秒75

男子1500メートルは駒大苫小牧高1年の近藤太郎、女子1500メートルは群馬県スケート連盟の藤村祥子が制した。 大会2日目(28日)は男女千メートル、三千メートル、男子五千メートルが行われる。

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2010年11月27日 23:59

2009年10月14日(水)

帯広の森 屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)

帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
帯広の森アイスアリーナでのオータムレディースカップ取材の後、「帯広の森 屋内スピードスケート場」(愛称・明治北海道十勝オーバル)を見て来た。
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
長野エムウエーブに次ぐ国内2番目の屋内スピードスケート場で、鉄骨造一部鉄筋コンクリート造2階建て(高さ19.9メートル)、アリーナ面積は1万4400平方メートル。標準ダブルトラックの400メートル(幅15メートル)コースの中は約4000平方メートルの多目的広場となっていて、テニスコート(6面)、フットサル(3面)に利用できる。リンク外周は約500メートルのランニング走路となっている。また、トレーニング室や会議室もある。
2007年に旧屋外リンクを解体、同年6月に着工、約60億円を投じて造られ、2009年9月1日にオープンした。
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル) 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル) 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)エントランスには十勝・帯広ゆかりの有名スピードスケート選手の展示がある 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)清水宏保選手、堀井学選手の展示
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)懐かしい札幌オリンピックの聖火トーチやメダル、チケットなど 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)清水宏保選手の長野五輪、ソルトレイクシティ五輪のメダル(レプリカ) 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)堀井学選手のリレハンメル五輪銅メダル(レプリカ)
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)清水宏保選手の長野五輪ウェアとシューズ 帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)

大きな地図で見る
帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2009年10月14日 17:22

2004年12月20日(月)

プレイバック '2004 part14

今年の撮影を振り返ってみる第14弾。
pict
11月20日
札幌オリンピック記念 第28回真駒内選抜スピードスケート競技会 一日目
於 真駒内オープンスタジアム

pict
11月21日
札幌オリンピック記念 第28回真駒内選抜スピードスケート競技会 二日目
於 真駒内オープンスタジアム

EOS-1D MarkII + EF300mm F2.8L USM, EF24-70mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2004年12月20日 21:06

2004年11月21日(日)

札幌オリンピック記念 第28回真駒内選抜スピードスケート競技会 二日目

pict
昨日に引き続き、真駒内オープンスタジアムへ。本日は男女1000mで、昨日と反対側のコーナー入り口で撮影。

pict
昨日よりも、さらに少ない報道陣。

pict
本日、一番目を惹いたキリン模様のウェア。

pict
昨日と変わり、寒色系ではあるが派手なことには変わりない清水選手。三位でした。

EOS-1D, EOS-1D MarkII
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
EF300mm F2.8L USM
SIGMA 15mmF2.8 EX DIAGONAL FISHEYE
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2004年11月20日(土)

札幌オリンピック記念 第28回真駒内選抜スピードスケート競技会 一日目

pict
今季最初の屋外でのウィンタースポーツの撮影。晴天に恵まれ、しのぎやすい気温での撮影となった。(おかげで、 製氷後の氷が乾くまでの時間が余分にかかり、進行が遅れたが...)

pict
今季札幌で開かれる、全日本クラスのスピードスケートの大会はこれだけなのだが、心持ちプレスの人数が少なかった。

pict
今年も一際派手なウェアで登場の清水宏保選手。リンクレコードを出したが、惜しくも連覇ならず。

pict
ひとり、光沢のあるウェアに身を包んだ、岡崎朋美選手。新しい発想により開発されたウェアで、背筋を伸ばすとかなんとか新聞に書かれていたのが、これかな?

pict
男女500mの3位以上の選手の共同記者会見。インタビュールーム狭すぎ。
結果はこちら

EOS-1D, EOS-1D MarkII
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
EF300mm F2.8L USM
SIGMA 15mmF2.8 EX DIAGONAL FISHEYE
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2004年11月20日 19:49