« 紅葉と七五三 | メイン | 裏山の紅葉をHDRしてみた »

2006年10月21日(土)

■ 北海道酒蔵まつり2006

☆ 小樽の田中酒造から案内のハガキが届いたので、北海道酒造組合主催の「北海道酒蔵まつり2006」に行ってみた。
北海道酒蔵まつり2006
会場はサッポロファクトリーホール

北海道酒蔵まつり2006
入場は無料。入り口で500円の試飲用特製ぐい呑みを買うと出店各社のお酒を試飲出来る。
要するに500円で北海道産の殆どすべての日本酒、焼酎、ワインと一社のビールが飲み放題なのである。ニコッ

北海道酒蔵まつり2006 特製ぐい呑み
特製ぐい呑み 持ち帰りようの巾着がおまけでついてきた。

北海道酒蔵まつり2006
出店メーカーは清酒15社、ワイン6社、焼酎2社、ビール1社、その他3団体

各社多数の銘柄を出品していてすべてを呑んだら大変なことになってしまうので、1社1銘柄程度を呑んでまわった。その中で記憶に残ったのは日本酒、焼酎、ワインとそれぞれ以下の3銘柄である。
北海道酒蔵まつり2006 合同酒精
日本酒は合同酒精旭川工場の純米大吟醸斗瓶取り「雅の華
720mlで6,300円とかなり値が張るが、すっきりとした口当たりでまろやか。
言葉に表すのが難しいけど、兎に角从リ ゚д゚ノリ ウマー
合同酒精というとビッグマンを筆頭に甲類焼酎のメーカーというイメージだったが、日本酒も旨いと認識を新たにしたのであった。

北海道酒蔵まつり2006 札幌酒精工業
焼酎は札幌酒精工業の厚沢部工場で造られている本格芋焼酎「喜多里
口に含むと芋の甘味がふわっと漂い从リ ゚д゚ノリ ウマー
芋焼酎の原料の代表銘柄、黄金千貫(こがねせんがん)を3年前から試験生産に着手して今年の秋から本格的に生産、出荷が開始された。ちなみに厚沢部工場はこれらの本格焼酎を生産するために新たに作られ、サツマイモの生産北限とのこと。
サッポロソフトを筆頭に札幌酒精も甲類焼酎メーカーのイメージだったけど、再認識。

北海道酒蔵まつり2006 はこだてわいん
ワインは、はこだてわいんの「キャンベルアーリー しばれづくり」
独自の「しばれづくり製法」で醸造されたアイスワインの新作である。
しばれづくり製法とは、ぶどうを自然に近い形で冷凍し、ぶどうの果汁成分が濃縮された部分のみを搾り出してつくるものらしい。結構甘いけど、ぶどうの香り、甘味、酸味が濃縮された味わいで从リ ゚д゚ノリ ウマー

最後に購入したのは、北限の芋焼酎「喜多里」

会場に到着したのが18時頃だったので終了の19時まで一時間。かなり駆け足で試飲してまわった。
それでも、夕食前ですきっ腹だったのでかなり酔っ払いましたね。普段あまり出会えない北見の山田酒造、釧路の福司酒造、根室の碓氷勝三郎商店などのお酒が呑めたのはありがたかった。
次回はもっとのんびりと、おつまみ持参で行きたいところである。 ニヤリ

サッポロファクトリー
会場を出てから、レンガ館を撮って見た。手ブレ補正機能は酔っ払いの手ブレにも有効であった。

星華楼
そして、酒はたらふく呑んだが腹は減っているぞということで、アトリウム内の星華楼で肉まんを買って帰ったのである。

Panasonic DMC-FX01
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2006年10月21日 23:59
カテゴリー: 飲み食い , Tags : 日本酒 Tags : 焼酎 Tags : ワイン