1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6 

2017年03月26日(日)

道路建設ペリグリンが2年ぶり王座奪還 全日本女子アイスホッケー

第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)

第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)は26日、札幌市月寒体育館で決勝と順位決定戦が行われ、道路建設プリグリン(苫小牧)が延長戦の末、昨年優勝の西武プリンセスラビッツ(東京)を2―1で下し、前身の三星ダイトー以来2年ぶり18回目の優勝を決めた。
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)1―1のまま延長、日本代表で主将のFW#6 大沢ちほ(25)が残り1秒に決勝ゴールを挙げた。

第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)最優秀選手 大澤ちほ(道路建設) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)最優秀新人賞 小山玲弥(西武)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)ベストGK 前田葉月(道路建設) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)ベストDF 小池詩織(道路建設)
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)ベストFW 足立友里恵(西武) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)


第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)3位決定戦はダイシン(釧路)が1―0でフルタイムシステム御影グレッズ(帯広)に競り勝った。
第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A) 第36回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年03月26日 23:59

2017年03月18日(土)

伊藤有希、中村直幹が優勝 第18回伊藤杯シーズンファイナルジャンプ

ノルディックスキー・ジャンプ今季国内最終戦の第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会は18日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(K点123メートル、HS137メートル)で行われ、女子は17年世界選手権個人ノーマルヒル銀メダルの伊藤有希(土屋ホーム)が129メートル、136メートルを飛び、合計260.2点で3年連続4度目の優勝を飾った。高梨沙羅(クラレ)は出場していない。
男子は冬季アジア札幌大会個人ラージヒル金メダルの中村直幹(東海大)が139.5メートル、130.5メートルの273.7点で2連覇した。
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:伊藤有希女子優勝の伊藤有希(土屋ホーム)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:勢藤優花2位:勢藤優花(道メディカルスポーツ専門学校)
206.1点(113.5m,124.5m)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:茂野美咲3位:茂野美咲(CHINTAI)
117.4点(95m,96.5m)

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:中村直幹男子優勝の中村直幹(東海大学)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:佐藤幸椰2位:佐藤幸椰(雪印メグミルク)
262.7点(135m,130m)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:古賀極3位:古賀 極(東海大学)
239.9点(124m,130m)

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
表彰式終了後、今季限りで現役を退く選手の引退セレモニーが行われた。
右から讃良貴志(高翔会)、渡辺知也(東海大学)

引退セレモニーでは恒例の青野さんによる花向けの”ラストコール”、そして選手、関係者やファンから花束などが贈られた。
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会ラストジャンプ後に胴上げされる渡辺知也 TKSS9067ラストジャンプ後に胴上げされる讃良貴志
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年03月18日 23:59

2017年03月05日(日)

永井、蜂須賀が優勝 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル

第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル第88回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技は5日、西岡バイアスロン競技場(札幌市)でインディビデュアル競技が行われ、男子20kmは永井順二(名寄3普連)が52分58.0秒で優勝した。
第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル2位:前田 亮(自衛隊体育学校) 53分48.2秒 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル3位:猪股和弥(自衛隊体育学校)55分15.1秒

第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル女子15kmは蜂須賀明香(自衛隊体育学校)が52分44.3秒で優勝。
第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル2位:田中きらり(自衛隊体育学校) 55分51.0秒 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル3位:小林美貴(自衛隊体育学校) 57分03.7秒

第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル
第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル
第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル
第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル 第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル

第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル

第88回宮様スキー大会バイアスロン インディビデュアル

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年03月05日 23:59

2017年03月04日(土)

自衛隊体育学校B 小林、児玉が優勝 第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー

第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー

第88回宮様スキー大会国際競技会バイアスロン競技は4日、西岡バイアスロン競技場(札幌市)でシングルミックス4×3.0kmリレーが行われ、 自衛隊体育学校Bチーム(小林美貴、児玉翔平)が42分28秒0で2位に38秒3の差をつけて優勝した。

第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー1、3走 小林美貴 第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー2、4走 児玉翔平
   


2位:自衛隊体育学校A 43分06秒3
第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー 1,3走 蜂須賀 明香 第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー2,4走 前田 亮

3位:自衛隊体育学校D 43分38秒9
第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー 1,3走 五十嵐美鈴 第88回宮様スキー大会バイアスロン競技シングルミックスリレー 2,4走 中島有基

4位:自衛隊体育学校E 45分01秒0
TKSS26441,3走 田中きらり TKSS20442,4走 倍賞和己

5位:自衛隊体育学校C 46分20秒7
TKSS2711 1,3走 松館香奈 TKSS32612,4走 猪俣和弥


TKSS1587

TKSS1723

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年03月04日 23:58

2017年02月26日(日)

第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタートで尾崎と立崎芙が銅

第8回札幌冬季アジア大会は26日、大会最終日の競技が行われた。
西岡バイアスロン競技場では一斉にスタートするマススタート方式の競技が行われ、男子15キロは尾崎光輔が45分11秒5で銅メダルを獲得した。立崎幹人は5位、枋木司は7位、永井順二は12位だった。優勝はカザフスタンのヤン・サビツキーで今大会3つめの金メダル。

第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート3位でフィニッシュした尾崎光輔選手

第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート

第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート


女子12.5キロでは立崎芙由子が4位だったが、3位までをカザフスタン勢が占めたため、大会規定で銅メダルとなった。今回のアジア大会では「1つの国・地域は、同じ種目で最大2人までしかメダルを獲得できない」という規定が設けられている。立崎選手は今大会バイアスロンのミックスリレーに続いて2つめの銅メダル。
田中友理恵は8位、古谷沙理は10位、三橋李奈は11位だった。優勝はカザフスタンのガリーナ・ヴィシネフスカヤで今大会のバイアスロン女子4種目すべての金メダルを獲得した。第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタートフィニッシュ前の直線でスパートする立崎芙由子選手
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート tkss9192_std
tkss9779_std 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート 第8回札幌冬季アジア大会8日目 バイアスロンマススタート
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年02月26日 23:58

2017年02月25日(土)

第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレーで日本Aが銅

第8回札幌冬季アジア大会は25日、大会7日目の競技が行われた。
西岡バイアスロン競技場では男女各2選手でチームを組み、それぞれ女子が6キロ、男子は7.5キロを走る間に2回の射撃(伏せ、立ち)を行うバイアスロン混合リレーが行われ、いずれも自衛隊体育学校に所属する立崎芙由子、田中友理恵、立崎幹人、枋木司の日本AがトップのカザフスタンAと2分44秒8差の1時間18分25秒1で3位に入った。蜂須賀明香、田中きらり、寺林拓人、中島有基の日本Bは6位だった。2位はカザフスタンBだった。

第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー3位でフィニッシュした日本Aチームのアンカー枋木司

第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー
第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー

第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレー

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年02月25日 23:58

2017年02月24日(金)

第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン追い抜きで立崎幹人が金

第8回札幌冬季アジア大会は24日、大会6日目の競技が行われた。

第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン

西岡バイアスロン競技場ではパシュート競技が行われ、男子(12.5キロ)で立崎幹人選手(28歳、自衛隊)が金メダルを獲得した。3位だった10キロスプリントに続いて2個目のメダルとなった。
パシュート(追い抜き)競技は前日に行われた10キロスプリントの成績によって時間差でスタートする。立崎選手はトップと20秒差の3番目にスタートし、射撃ミスによるペナルティを3回だけに抑えて終盤にトップのヤン・サビツキー選手(カザフスタン)を逆転し、38分47秒2のタイムでフィニッシュして1位となった。
永井順二は5位、枋木司は7位、尾崎光輔は11位だった。
第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン

第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン2位:SAVITSKIY Yan(KAZ) 第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン3位:KIM Yonggyu(KOR)
第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン5位:永井順二 第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン7位:枋木司
第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン11位:尾崎光輔 第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン
第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン 第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン
第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン 第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン

第8回札幌冬季アジア大会6日目 バイアスロン

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年02月24日 23:59
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6