1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6 

2018年01月13日(土)

ジャンプ女子W杯、ルンビが優勝、高梨沙羅は3位

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会は13日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第5戦が行なわれ、ノルウェーのマーレン・ルンビが1回目95.5メートル、2回目に93.5メートルを飛び合計252.9点で今季3勝目、通算7勝目を挙げた。
高梨沙羅(クラレ)は2回とも93メートルの238.2点で3位となり、男女を通じてW杯ジャンプ歴代単独最多の通算54勝目は持ち越した。 伊藤有希(土屋ホーム)は93.5メートルと91.5メートルを飛び、合計237.3点で4位だった。
このほかの日本勢では、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は11位、岩佐明香(日大)が15位、小林諭果(CHINTAI)は27位、茂野美咲(CHINTAI)は28位だった。2回目に進めなかった鴨田鮎華(下川商高)は36位。五輪代表の岩渕香里(北野建設)はスーツの規定違反で失格となった。

FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 マーレン・ルンビ優勝したマーレン・ルンビ(ノルウェー)の2回目

FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 カタリナ・アルトハウス2位: カタリナ・アルトハウス(ドイツ)
248.6点(93.5m、96.0m)
FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 高梨沙羅3位:高梨沙羅(クラレ)
238.2点(93.0m、93.0m)
FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 伊藤有希4位:伊藤有希(土屋ホーム)
237.3点(93.5m、91.5m)
FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 

FISジャンプワールドカップレディース2018札幌大会 マーレン・ルンビマーレン・ルンビーの1回目

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2018年01月13日 23:59

2018年01月06日(土)

伊藤有希、内藤智文が優勝 雪印メグミルク杯全日本ジャンプ

ノルディックスキージャンプの2018年国内最初の試合となる第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会は6日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で行われ、女子は伊藤有希(土屋ホーム)が1回目に最長不倒の94.5メートルを飛んでトップに立ち、2回目も90メートルにまとめて合計238.0点で優勝した。
男子は内藤智文(古河市協会)が97.5メートル、97メートルの256.5点で制し、少年は竹花大松(東海大札幌高)、ジュニアは中村正幹(札幌宮の森中学)が優勝した。 女子の高梨沙羅(クラレ)、男子でW杯遠征中の葛西紀明(土屋ホーム)や小林潤志郎(雪印メグミルク)らは出場していない。
第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会女子優勝 伊藤有希の1回目

第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会2位:岩佐明香(日本大学)
219.5点(92.5m,86.0m)
第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会3位:小林諭果(CHINTAI)
206.0点(90.5m,82.5m)


第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会男子優勝 内藤智文の1回目
第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会2位:渡部弘章(東京美装)
255.5点(96.0m,97.5m)
第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会3位:栃本翔平(雪印メグミルク)
248.5点(96.5m,93.5m)


第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会成年組表彰 第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会女子組表彰
第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会少年組表彰 第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会ジュニア表彰

第59回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会伊藤有希の2回目

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2018年01月06日 23:59

2017年08月06日(日)

葛西が今夏2勝目 大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ

ノルディックスキーの大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会は6日、札幌市大倉山ジャンプ競技場((HS134メートル、K点120メートル)で行われ、男子は葛西紀明(土屋ホーム)が131メートルと128メートルの264.2点で優勝した。竹内択(北野建設)が259.6点で2位、伊東大貴(雪印メグミルク)が247.8点で3位だった。
女子は小林諭果(CHINTAI)が104.5メートルと最長不倒となる111メートルの173.9点で制した。高梨沙羅(クラレ)、伊藤有希(土屋ホーム)は海外遠征のため出場しなかった。少年は岩佐勇研(北海道・札幌日大高)が164.5点で優勝した。 大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会男子優勝の葛西紀明(土屋ホーム) 264.2点(131.0メートル、128.0メートル) 

大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会2位:竹内 択(北野建設)
259.6.6点(130.0メートル、127.0メートル)
大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会3位:伊東大貴(雪印メグミルク)
247.8点(120.5メートル、130.5メートル)


大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会女子優勝の小林諭果(CHINTAI) 173.9点(104.5メートル、111.0メートル)
大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会2位:茂野美咲(CHINTAI)
169.0点(109.5メートル、103.0メートル)
大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会3位:丸山 希(明治大学)
168.0点(101.5メートル、111.0メートル)


大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会成年組表彰 大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会女子組表彰
大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会少年組表彰
1位:岩佐勇研(札幌日大高校) 164.5点
2位:竹花大松(東海大札幌高校) 144.5点 
3位:藤田慎之介(東海大札幌高校) 134.6点
大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会
2回目を終えて優勝を決め、2位の竹内択と握手する葛西紀明

大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年08月06日 23:59

2017年08月05日(土)

高梨沙羅と伊藤有希が同点優勝、男子は小林陵侑が初V サマージャンプ

ノルディックスキーの第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会は5日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル、K点120メートル)で行われ、女子は高梨沙羅(クラレ)と伊藤有希(土屋ホーム)が合計222.8点で並び、同点優勝となった。高梨は2年連続、伊藤は2年ぶりで、ともに5度目の優勝。伊藤は2回目に135.5メートルを飛び、高梨が持っていた女子の夏のジャンプ台記録134.5メートルを1メートル更新した。
男子は小林陵侑(土屋ホーム)が132メートル、130.5メートルの270.5点で初優勝。45歳の葛西紀明(同)は7位、竹内択(北野建設)は8位だった。少年組は竹花大松(東海大学附属札幌高校)が101.5メートル、114メートルの175.9点で優勝した。
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会
2人一緒に優勝杯を手にする伊藤有希(右)と高梨沙羅


第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会女子組優勝の高梨沙羅(クラレ) 222.8点(112.5メートル、126.0メートル)
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会
同点優勝の伊藤有希(土屋ホーム) 222.8点(105.5メートル、135.5メートル)
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会3位:勢藤優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)
110.6点(88.0メートル、94.0メートル)
 


TKSS0028成年組優勝の小林陵侑(土屋ホーム) 270.5点(132.0メートル、130.5メートル)
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会2位:伊東大貴(雪印メグミルク)
235.0点(114.0メートル、131.0メートル)
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会3位:伊藤将充(土屋ホーム)
229.1点(117.0メートル、125.0メートル)


第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会女子組表彰 第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会成年組表彰
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会少年組表彰
1位:竹花大松(東海大札幌高校) 175.9点
2位:岩佐勇研(札幌日大高校) 173.2点
3位:斎藤祐輝(東海大札幌高校) 109.7点
第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会高梨沙羅の2回目
TKSS0387伊藤有希の2回目

第18回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年08月05日 23:59

2017年03月18日(土)

伊藤有希、中村直幹が優勝 第18回伊藤杯シーズンファイナルジャンプ

ノルディックスキー・ジャンプ今季国内最終戦の第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会は18日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(K点123メートル、HS137メートル)で行われ、女子は17年世界選手権個人ノーマルヒル銀メダルの伊藤有希(土屋ホーム)が129メートル、136メートルを飛び、合計260.2点で3年連続4度目の優勝を飾った。高梨沙羅(クラレ)は出場していない。
男子は冬季アジア札幌大会個人ラージヒル金メダルの中村直幹(東海大)が139.5メートル、130.5メートルの273.7点で2連覇した。
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:伊藤有希女子優勝の伊藤有希(土屋ホーム)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:勢藤優花2位:勢藤優花(道メディカルスポーツ専門学校)
206.1点(113.5m,124.5m)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:茂野美咲3位:茂野美咲(CHINTAI)
117.4点(95m,96.5m)

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:中村直幹男子優勝の中村直幹(東海大学)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:佐藤幸椰2位:佐藤幸椰(雪印メグミルク)
262.7点(135m,130m)
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会:古賀極3位:古賀 極(東海大学)
239.9点(124m,130m)

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
表彰式終了後、今季限りで現役を退く選手の引退セレモニーが行われた。
右から讃良貴志(高翔会)、渡辺知也(東海大学)

引退セレモニーでは恒例の青野さんによる花向けの”ラストコール”、そして選手、関係者やファンから花束などが贈られた。
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会ラストジャンプ後に胴上げされる渡辺知也 TKSS9067ラストジャンプ後に胴上げされる讃良貴志
第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第18回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年03月18日 23:59

2017年01月15日(日)

ジャンプ女子W杯、伊藤有希が2位 高梨沙羅は4位

FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 マーレン・ルンビーノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会は15日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第8戦が行なわれ、ノルウェーのマーレン・ルンビーが1回目97メートル、2回目にW杯のジャンプ台記録となる100メートルを飛び合計248.5点で今季、通算とも2勝目を挙げた。
前日の第7戦で初優勝した今季個人総合2位の伊藤有希(土屋ホーム)は97メートルと96メートル50を飛び、合計236.3点で2位に入った。同1位で通算50勝目を目指した高梨沙羅(クラレ)は93メートル、89メートルの合計217.4点で4位にとどまり、今季初めて表彰台を逃した。2試合連続で優勝を逃したのは昨年2月のリュブノ(スロベニア)での2連戦以来。
このほかの日本勢では、岩渕香里(北野建設)は13位、勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)は19位だった。2回目に進めなかった岩佐明香(日大)は31位、茂野美咲(CHINTAI)は34位に終わった。

FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 伊藤有希2位: 伊藤有希(土屋ホーム)
236.3点(97.0m、96.5m)
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 カタリナ・アルトハウス3位:カタリナ・アルトハウス(ドイツ)
231.4点(94.5m、93.5m)
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 高梨沙羅
4位:高梨沙羅(クラレ)
212.0点(93.0m、89.0m)
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年01月15日 23:59

2017年01月14日(土)

ジャンプ女子W杯、伊藤有希が初勝利 高梨沙羅は2位

FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 伊藤有希ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第7戦が行なわれ、今季個人総合2位につける22歳の伊藤有希(土屋ホーム)が1回目に95メートルでトップに立ち、2回目も最長不倒の96メートルを飛び、合計254.3点でW杯初優勝を果たした。(写真は1回目のジャンプ)
4連勝と節目の通算50勝を狙った高梨沙羅(クラレ)は1回目に93メートルで2位につけたが、2回目は92メートルに終わり、242.1点で2位だった。 このほかの日本勢では、勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)が12位、岩渕香里(北野建設)が19位、岩佐明香(日大)が29位だった。2回目に進めなかった茂野美咲(CHINTAI)は37位、大井栞(北海道・札幌日大高)は40位に終わった。

FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 高梨沙羅2位: 高梨沙羅(クラレ)
242.1点(93.0m、92.0m)
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 マレン・ルンドビー3位:マレン・ルンドビー(ノルウェー)
236.9点(94.5m、90.5m)
   
FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 伊藤有希

FISジャンプワールドカップレディース2017札幌大会 伊藤有希

(優勝した伊藤有希の2回目のジャンプ)

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2017年01月14日 23:28
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6