2007年03月04日(日)

世界ノルディック札幌大会閉幕

2月22日から11日間に渡って熱戦が繰り広げられた、2007年 FISノルディックスキー世界選手権札幌大会が閉幕。最終種目のクロスカントリー男子50キロクラシカルが終了後、白旗山距離競技場で閉会式が行われた。参加49カ国の国旗入場、大会組織委員会会長の上田文雄札幌市長、カスパー国際スキー連盟会長による挨拶の後、国際スキー連盟の大会旗が次期開催地チェコ・リベレッチ市の代表へ渡された。
世界ノルディック札幌大会閉会式
福原美穂さんが大会応援ソング「恋はリズム~Believe My Way~」を熱唱、曲の最後に花火が打ち上げられて幕を閉じた。
(↓クリックで拡大表示)
世界ノルディック札幌大会閉会式
世界ノルディック札幌大会閉会式
世界ノルディック札幌大会閉会式
世界ノルディック札幌大会閉会式
大会運営は大きなトラブルもなく、競技日程も順調に消化されて良い大会であった。ただ、惜しむらくは総観客数が9万2646人と組織委員会が目標としていた19万人を大幅に下回ったことである。そして、地上波でのTV放送が殆ど無かったため、世界のトップアスリートが集ったノルディックスキーの祭典が開催国である日本の人々の目にあまり触れることが無く終わってしまったことが残念である。
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年03月03日(土)

世界ノルディック札幌大会10日目 コンバインド個人グンダーセン15km

コンバインド個人グンダーセン15km 宮の森ジャンプ競技場(HS100)で前半飛躍が行われた。
ロニー・アッカーマン(ドイツ)
2本ともK点越えを決めて5位につけたドイツのロニー・アッカーマンが午後から行われた後半距離(白旗山距離競技場)でも快調に走り、トータル38分35秒6で優勝。大会3連覇を飾り、マンニネンの本大会3冠を阻んだ。

(↓クリックで拡大表示)
ビル・デモング(アメリカ)
2位:ビル・デモング(アメリカ)
アンシ・コイブランタ(フィンランド)
3位:アンシ・コイブランタ(フィンランド)

日本勢は小林範仁(東京美装)がトップから4分28秒1遅れの26位で最高だった。前半ジャンプで9位につけた加藤大平(サッポロノルディックク)は27位。渡部暁斗(長野・白馬高)が35位、湊祐介(日大)が40位だった。
小林範仁(東京美装)
26位:小林範仁(東京美装)
加藤大平(サッポロノルディックク)
27位:加藤大平(サッポロノルディックク)
渡部暁斗(長野・白馬高)
35位:渡部暁斗(長野・白馬高)
湊祐介(日大)
40位:湊祐介(日大)

■今日の舞台裏
宮の森ジャンプ競技場サブプレスセンター
宮の森ジャンプ競技場のサブプレスセンター。どの会場でもボランティアスタッフのきびきびとした働きぶりが気持ち良い。
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年02月23日(金)

世界ノルディック札幌大会2日目 複合スプリント7.5km

クロスカントリーチームスプリント決勝の後、札幌ドームでの最後の競技となるノルディックコンバインドスプリント 7.5kmが行なわれた。
W杯の個人種目で45勝と歴代最多にもかかわらず、世界選手権と五輪での個人メダルがなかった「無冠の帝王」ハンヌ・マンニネン(フィンランド)がついに世界一に輝いた。
ノルディックコンバインドスプリント 7.5km
雄たけびを上げながらゴールした、ハンヌ・マンニネン(フィンランド)。

ノルディックコンバインドスプリント 7.5km
前半飛躍は9位。首位と49秒差で後半距離を迎え、最終ラップ残り1キロの上り坂で首位に立ち、モアン(ノルウェー)との競り合いを0秒3差で制した。

日本勢は、前半ジャンプでエース高橋大斗がアクシデントにみまわれ左肩を骨折し、残念ながらリタイア。残り3名が後半距離に挑んだ。  (↓クリックで拡大表示)
小林範仁(東京美装)
25位:小林範仁(東京美装)
渡部暁斗(長野・白馬高)
31位:渡部暁斗(長野・白馬高)
加藤大平(サッポロノルディッククラブ)
32位:加藤大平(サッポロノルディッククラブ)
表彰式
表彰式


■今日の舞台裏
札幌ドームサブプレスセンター
札幌ドーム1階の南北連絡通路横に設けられたサブプレスセンター。この写真に写っているのはフォトグラファースペースで、後ろにライタースペース、ケータリング、記者会見スペースが設けられている。
机に張り紙して場所取り禁止とされているが、海外メディアはお構い無し...
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年02月17日(土)

世界ノルディック屋内コース造成進む札幌ドーム

世界ノルディック札幌大会の開会式と距離競技の一部が行われる札幌ドーム。15日から雪の搬入が始まり、コース設営作業が進んでいる。
世界ノルディック札幌大会 札幌ドーム会場
ドームの床に防水シートを敷き、その上に断熱効果のあるプラスチックパレット6,400枚を敷き詰めた。
この上に11トンダンプ360台分、約5,000立方メートルの雪を搬入し、長さ約390メートル、幅92メートル、厚さ50センチのコースを造成する。
世界ノルディック札幌大会 札幌ドーム会場
世界ノルディック札幌大会 札幌ドーム会場
世界ノルディック札幌大会 札幌ドーム会場
取材時のドーム内の気温は摂氏6度。コース脇に設けられた排水溝には、融雪水が流れて排水ポンプが稼動していた。工事関係者によると搬入開始時の気温は15度程度で一晩で10cm程融けてしまったとのこと。

世界ノルディック札幌大会 札幌ドーム会場
総面積は野球グラウンドの約6割に当たる8,300平方メートル。18日まで雪の搬入が行なわれ、その後19日に圧雪車で踏み固めて完成となる。(※コース見取り図
ところで、ドームによく行く人は写真を見て気付いたと思うが、普段見慣れた広告は覆いなどで一切露出しないように処理されている。これは、国際スポンサー以外の広告が国際映像に写りこまないよう配慮してのことである。このように普段の装いとは異なる札幌ドームを見るのも一興であろう。

ドームのチケットは完売となり、いよいよ盛り上がりを見せてきた。
さあ、どのような闘いが繰広げられるのか楽しみである。

EOS-1D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年02月15日(木)

世界ノルディック札幌ドーム会場

開幕まで1週間となった、2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会の会場となる札幌ドームで、クロスカントリースキーの屋内コース設営が始まった。
札幌ドームコース
世界選手権史上初となる屋内コースではクロスカントリースプリントなど2競技5種目が催される。
ドームのほぼ中央からスタートして幅約90メートルの出入り口から屋外に出て、ホバリングステージやサッカー練習場を通過してドーム内でゴールする。コースの長さはクロカンスプリント男子1,414メートル、女子1,165メートル、コンバインドスプリントは1,875mの周回コースとなっている。そのうちドーム内は約390メートル。
4日間に渡り、11トンダンプカー約360台分(約5,000立方メートル)の雪をドーム内に入れてコースが完成する予定。 
札幌ドーム オープンアリーナ
札幌ドーム クローズドアリーナ
写真は昨年2月の全日本スキー選手権大会から

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2006年03月18日(土)

FISワールドカップノルディックコンバインド2006札幌大会

ノルディックスキーW杯複合の前半クロスカントリー10km(2.5km×4)マススタート。
会場は白旗山競技場。

マススタート
38名の出場選手が一斉にスタート。中央のイエロービブはポイントランキングトップのハンヌ・マンニネン(フィンランド)

トップ3
先頭集団、ゴットワルト(オーストリア)、マンニネン、キルフアイゼン(ドイツ)。最終的に、この順番でゴールした。

第2集団
第2集団

畠山陽輔、小林範仁
日本人トップの18位でゴールした畠山陽輔(秋田ゼロックス:左)と19位の小林範仁(東京美装:右)

高橋大斗
エース高橋大斗(土屋ホーム)は24位だった。

大倉山ジャンプ競技場
大倉山ジャンプ競技場に場所を移して後半ジャンプが行われたが、一本目途中で風が不安定なため一時中断。結局、好転が望めないとの事で19時にキャンセルとなった。

EOS-1D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM, EF70-200mm F2.8L IS USM, EF300mm F2.8L USM
続きを読む ≫
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2006年03月18日 23:50