1  |  2 

2009年10月15日(木)

サンダーバーズ at CHITOSE Air Base

サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
米空軍のアクロバット飛行チーム「サンダーバーズ」が15日、航空自衛隊千歳基地上空で、航空ショーを行った。
道内での演技は初めてで、平日の開催にも関わらず、3万人を超える観客が会場に訪れた。
午前10時30分から地上でセレモニーが行われ、午前11時より曲技飛行が開始された。約30分にわたるフライトで、38種類の演技課目が披露された。
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ(Thunderbirds)は、アメリカ合衆国空軍に所属するアクロバット(エアロバティック/曲技飛行)チームで、正式な部隊名はThe United States Air Force Air Demonstration Squadron。
アメリカ空軍の非公式な曲技飛行チームであったスカイブレーサーズ(Skyblazers)を発展解消させたものとして1953年6月1日、発足。
現在の本拠地はネリス空軍基地(アメリカ合衆国ネバダ州)。
2008年10月末運用中の航空機はF-16、白、青、赤のトリコロールカラーと機体下部に描かれたフェニックスのペイントが特徴的で、アメリカスタイルと呼ばれる6機編隊でのアクロバット飛行を行う。
昔から、アメリカ海軍のアクロバット飛行チームブルーエンジェルスとライバル関係にあり、共に世界でも最高レベルのアクロバット飛行能力を誇る。   ~パンフレットより
(↓クリックで拡大表示)
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base
サンダーバーズ at CHITOSE Air Base サンダーバーズ at CHITOSE Air Base

サンダーバーズ at CHITOSE Air Base

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2009年06月08日(月)

東千歳駐屯地記念行事の装備品展示など

陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
6月7日に開催された、陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事の装備品展示などのスナップです。第2滑走路で行われた、模擬戦が終わる頃には雨も上がり、訪れた観客はふれあい広場での装備品展示や模擬売店、音楽演奏などを楽しんでいた。 (↓クリックで拡大表示)
90式戦車
90式戦車
74式戦車
74式戦車
化学防護車
化学防護車
化学防護車
化学防護車
81式短距離地対空誘導弾
81式短距離地対空誘導弾
81式短距離地対空誘導弾
81式短距離地対空誘導弾
87式偵察警戒車
87式偵察警戒車
地対空誘導弾 改良ホーク
地対空誘導弾 改良ホーク
多連装ロケットシステム自走発射機(MLRS)
多連装ロケットシステム自走発射機(MLRS)
203mm自走りゅう弾砲
203mm自走りゅう弾砲
91式戦車橋
91式戦車橋
91式戦車橋
91式戦車橋
92式地雷原処理車
92式地雷原処理車
99式自走155mmりゅう弾砲
99式自走155mmりゅう弾砲
74式戦車の可動デモ
74式戦車の可動デモ
87式自走高射機関砲の可動デモ
87式自走高射機関砲の可動デモ
89式装甲戦闘車
89式装甲戦闘車
73式装甲車
73式装甲車
89式装甲戦闘車の銃眼
89式装甲戦闘車の銃眼
96式自走120mm迫撃砲
96式自走120mm迫撃砲
96式自走120mm迫撃砲
96式自走120mm迫撃砲
戦車試乗証明書
OH-6J
OH-6J
装甲人員輸送車(試作)
装甲人員輸送車(試作)
60式装甲車
60式装甲車
61式戦車
61式戦車
M32戦車回収車
M32戦車回収車
M24軽戦車
M24軽戦車
74式戦車
74式戦車
75式自走155mm榴弾砲
75式自走155mm榴弾砲
T-34練習機
T-34練習機
T-6練習機
T-6練習機
60式自走106mm無反動砲
60式自走106mm無反動砲
105mm無反動砲(試作)
105mm無反動砲(試作)
60式自走107mm迫撃砲
60式自走107mm迫撃砲
60式自走81mm迫撃砲
60式自走81mm迫撃砲
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
EOS-1D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2009年06月08日 23:23

2009年06月07日(日)

陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事

第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊の東千歳駐屯地で第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事が開催された。
第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
第7師団は我が国唯一の戦車を主体とした機甲師団であり、3個戦車連隊を中核とした重戦力による機動打撃を担当する。この記念行事で行われる観閲行進では約400両の戦車や装甲車がパレードを行い、90式戦車を中心とした模擬戦闘訓練展示も行われる。雨天にも関わらず、多くの観客が訪れて、勇猛な戦闘車両の姿に見入っていた。 
(↓クリックで拡大表示)
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事
陸上自衛隊第7師団創隊54周年・東千歳駐屯地創立55周年記念行事

大きな地図で見る
EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L USM, EF70-200mm F2.8L IS USM, EF24-70mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2008年08月23日(土)

マリンフェスタ’08 in 石狩湾

マリンフェスタ’08 in 石狩湾
海上自衛隊大湊地方隊による「マリンフェスタ'08 in 石狩湾」は、石狩湾新港花畔ふ頭、小樽港中央ふ頭を会場に8月23、24日の2日間にわたって開催された。 (↓クリックで拡大表示)
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
ピクルス王子の頭だけ...
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
MLS(Mobile Logistic Support=機動支援整備部隊)の展示
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
石狩湾新港から出港する体験航海艦は、
「じんつう」と「ゆうばり」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
午前8時、ラッパ「君が代」の吹奏と国旗掲揚
艦尾では自衛艦旗が掲揚されている。
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
今回、乗艦した「ゆうばり」の艦橋
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
66cm測距儀
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
手前は大湊から来た海自の曳船
後方は地元の民間曳船
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
出航
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
既に主砲後ろの甲板で寝ている人も。
何しに来たんですかね。
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
防波堤の外であとから出航した「じんつう」を待つ
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「じんつう」が追い越して先に行く
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
艦橋内に貼られた夕張神社のお札
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
機関制御室
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
(左)神棚にも夕張神社のお札
(右)神棚の横には館長室。
そしてその前はトイレ
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
休憩室として開放された食堂ではグッズ販売が
行われていたが、殆ど売る気無し
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
ボフォース対潜用4連装ロケット発射機の作動展示
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
装填ポジション
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
62口径76mm単装砲
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
68式3連装短魚雷発射管
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
ハープーンSSM4連装発射機
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
DE230 護衛艦「じんつう」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
DD155 護衛艦「はまぎり」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
MST464 掃海母艦「ぶんご」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
PG825 ミサイル艇「わかたか」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
AMS4302 多用途支援艦「すおう」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
SH-60J(海上自衛隊)
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
OH-1(陸上自衛隊)
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
P-3C(海上自衛隊)
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
F-15J(航空自衛隊)
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「わかたか」による高速航行展示
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「わかたか」によるIR弾発射
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「すおう」搭載の自走式水上標的「バラクーダ」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
帰港
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「すおう」の艦尾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「すおう」後部作業甲板の
自走式水上標的「バラクーダ」
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
「すおう」艦橋内操舵装置
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
(右)後から取り付けられたという司令官席
乗用車のシートを流用しているとのこと
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
帰港後、上陸したら出港前は
頭だけだったピクルス王子に胴体がついていた。
マリンフェスタ’08 in 石狩湾
展示海面に到着するまで、毛布に包まり
難民モードで爆睡していたtmp君

マリンフェスタ’08 in 石狩湾
例年なら7月末に開催されていたが、今年はサミットとの兼ね合いであろうか、8月末の開催となった。8月末の北海道は既に秋風が吹いている。今までで一番寒かった。甲板警備の自衛官も「寒い寒い」と半袖の腕に鳥肌を立てていた。
ところで、私は5回目の参加となるが、回を重ねるたびに規模が縮小されていく。今回の参加艦艇は6隻、航空機は7機。ちなみに前回の参加艦艇は護衛艦など18隻、航空機は10機であった。
原油高の影響による燃料費高騰で、秋の「海上自衛隊演習」が1954年の自衛隊発足以来、初めて中止される可能性があるとのことなので、マリンフェスタの規模縮小も止むを得ないだろうが、少々淋しい。
EOS-1D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM, EF70-200mm F2.8L IS USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年11月26日(月)

旧北部軍司令部防空指揮所の一般公開

先日のエントリーで取り上げた、北の大本営とも呼ばれた旧陸軍施設「北部軍司令部防空指揮所」の一般公開が行われた。
国有未利用建物(旧陸上自衛隊月寒送信所)の公開
当施設は昨年まで陸上自衛隊札幌駐屯地月寒送信所として使用されていたもので、近く解体されることが決まっている。公開は今回限りで、午前と午後の2回に分けて行われた。当初の募集では各回20名以内とのことだったが、実際にはそれぞれ30名、合計60名が応募者の中から抽選により選ばれた。ちなみに倍率は3倍とのことであった。

国有未利用建物(旧陸上自衛隊月寒送信所)の公開
北海道財務局の担当者による建物来歴等の説明が行われた後、最初に外周を見学。間近で見ると外壁のコンクリートはかなり老朽化していた。屋根のコンクリートの厚さは1m27cm、1階の壁は防弾用に2重構造となっていて、外壁は1m20~45cm、その内側に側廊1m40cmを隔てて20~30cmのコンクリート壁がある。

国有未利用建物(旧陸上自衛隊月寒送信所)の公開
そして建物の中へ。(↓クリックで拡大表示)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
受電室(1階)
旧北部軍司令部防空指揮所
断室(1階)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
受電室(1階)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
予備室(地階)
旧北部軍司令部防空指揮所
予備室(地階)
旧北部軍司令部防空指揮所
予備室(地階)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
廊下(1階)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
便所(2階)
旧北部軍司令部防空指揮所
浴室(2階)
旧北部軍司令部防空指揮所
洗面所(2階)
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
旧北部軍司令部防空指揮所
月寒送信所1階平面図
1階平面図
月寒送信所2階平面図
2階平面図
月寒送信所地下及び各立面図
地下及び各立面図
月寒送信所立面図
立面図

室内はほぼ真っ暗闇で懐中電灯の明かりを頼りに約1時間にわたって見学した。もちろんカメラのファインダーに見えるものは暗闇。ピントはほぼ無限遠に固定して、水平出しや構図などはあてずっぽうである。
内部の造作は米軍から旧警察予備隊に引き渡された段階で改装され、木工物にいたっては旧軍時代のものはまったく無いとのことであった。

EOS-1D MarkIII + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL/HSM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年11月10日(土)

旧北部軍司令部防空指揮所

今月中にも解体工事が始まる見通しという、旧陸軍施設「北部軍司令部防空指揮所」を見に行って来た。
北部軍司令部防空指揮所
旧陸軍北部軍司令部は、南樺太から東北までの防衛を担当した。防空指揮所は1943年12月に完成した地上二階、地下一階、一部吹き抜けの鉄筋コンクリート造りの建物で「北の大本営」と呼ばれた。爆撃に耐えられるようにコンクリートの厚さは約1メートルある。戦後は米軍に接収され、1954年から昨年2月まで陸上自衛隊札幌駐屯地月寒送信所として使用された。北部軍司令部のうち、唯一現存する施設である。

北部軍司令部防空指揮所
北部軍司令部防空指揮所
北部軍司令部防空指揮所
市民団体などが国や札幌市議会などに保存を働きかけていたが、北海道財務局は国有財産の有効活用を目的として、跡地に国家公務員宿舎の建設を計画しているために解体するという。
歴史を語り継ぐための価値ある戦争遺跡は安易に解体などせず後世に残すべきではなかろうか。


【追記】 11月26日に初の一般公開が行われた。その時の模様はこちら


拡大地図を表示 札幌市豊平区月寒東2-1
EOS-1D MarkIII + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL/HSM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2006年07月30日(日)

マリンフェスタ’06 in 石狩湾

晴れ  海上自衛隊大湊地方隊により7月29、30日の両日、石狩湾新港花畔ふ頭、小樽港勝納ふ頭、中央ふ頭を会場に「マリンフェスタ'06 in 石狩湾」が開催された。
マリンフェスタ’06 in 石狩
体験航海(洋上展示訓練)に参加。午前8時半すぎに出港、午後1時10分に帰港。約5時間半にわたる護衛艦でのクルージングである。
今回の参加艦艇は護衛艦など18隻。また陸・海・空自衛隊の航空機10機も協力し、総参加人員は約2,000人。

ちくま
今回乗艦した護衛艦ちくま(花畔埠頭にて)

ゆうべつ、ゆうばり
護衛艦ゆうべつ、護衛艦ゆうばり

補給艦とわだ
補給艦とわだ

手旗信号
護衛艦ゆうばり艦橋

護衛艦いしかり
曳船(タグボート)に押されて出航する護衛艦いしかり

護衛艦ちくま艦首
護衛艦ちくま艦首

以下クリックすると拡大表示
76mm速射砲
62口径76mm速射砲
76mm速射砲砲弾
76mm速射砲々弾
アスロックランチャー
アスロックランチャー
CIWS
高性能20mm機関砲
魚雷水上発射管
魚雷水上発射管
機関制御室
機関制御室
艦内神棚、グッズ販売
艦内神棚、グッズ販売
艦内通路
艦内通路
艦橋内部
艦橋内部
潜水要員、鐘
潜水要員、鐘
洋上展示訓練
洋上展示訓練
護衛艦ゆうぎり
護衛艦ゆうぎり
掃海母艦うらが
掃海母艦うらが
護衛艦じんつう
護衛艦じんつう
輸送艦しもきた
輸送艦しもきた
補給艦とわだ
補給艦とわだ
ゆうしお型潜水艦
ゆうしお型潜水艦
輸送型エアクッション艇
輸送型エアクッション艇
哨戒へりSH-60J
哨戒ヘリSH-60J
哨戒機P-3C
哨戒機P-3C
戦闘機F-15J
戦闘機F-15J
ミサイル艇1号型
ミサイル艇1号型
ミサイル艇1号型
ミサイル艇1号型
ミサイル艇1号型
ミサイル艇1号型
海上保安庁巡視艇
海上保安庁巡視艇
海上保安庁ヘリ
海上保安庁ヘリ
輸送艦しもきた、エアクッション艇
輸送艦しもきた、エアクッション艇
P-3Cのローパス
ローパスするP-3C
ラッパとサイドパイプ吹奏、ピクルス王子
ラッパとサイドパイプ吹奏、ピクルス王子
護衛艦せとぎり
護衛艦せとぎり
洋上展示訓練
帰港

EOS-1D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM, EF70-200mm F2.8L IS USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
 1  |  2