2008年01月26日(土)

2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会

障害者スポーツの祭典「ジャパンパラリンピック」のアイススレッジホッケー競技大会(日本障害者スポーツ協会日本パラリンピック委員会などの主催)が、昨年に引き続き、旭川市の大雪アリーナで開催された。
例年は国内クラブチーム中心の大会だったが、今年3月の世界選手権を前に、トリノ冬季パラリンピックでメダルを獲得したカナダ、ノルウェー、米国の3カ国を迎え、1月22日から26日までの5日間に渡って予選リーグと3位決定戦、決勝が行われた。
最終日26日の第一試合は予選リーグ4位の日本と同3位米国による3位決定戦。 非公式ではあるが主催者によると、会場には400人以上の観客が訪れて、繰り広げられる熱戦に多くの声援を送った。 また、この試合と決勝戦では氷上の格闘技の「語りべ」こと加藤じろうさんがMCを務め、場内を盛り上げていた。
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
競り合う両チームキャプテン(米国DF#44 Cris MANNS、日本DF#10 遠藤隆行)

(↓クリックで拡大表示)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)

2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
第3ピリオド、遠藤の同点弾を抱き合って喜ぶ上原
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)

2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
GBPはTaylor CHACEと上原大祐
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 3位決定戦(日本 vs 米国)
日本 2(1-0,0-2,1-0,0-1)3 アメリカ
日本は第1ピリオドに上原大祐(FW#32 )により先制点を挙げたが、第2ピリオドに入りアメリカに2連続得点を挙げられ逆転された。 第3ピリオドに遠藤隆行(DF#10)がスピードを活かしたシュートで同点に追いつき、第3ピリオド終了。5分間の延長(サドンデス)では日本は防戦一方となり、アメリカAlexi SAALAMONE(FW#21)に決勝点を決められて2対3で敗れて4位に終わった。

第二試合は予選リーグ3勝0敗で1位のカナダと2勝1敗で2位のノルウェーによる決勝戦。
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
カナダ 3(0-1,3-1,0-0)2 ノルウェー
両チーム譲らずに点を取り合う激しい展開となったがカナダが3-2で逃げ切り、優勝を遂げた。
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)
GBPはノルウェーがEskil HAGEN(FW#7)
カナダはBilly BRIDGES(FW#18)
2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 決勝戦(カナダ vs ノルウェー)


2008 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会 優勝(カナダ)
No.1サインを掲げて喜びのカナダチーム

午前中は市民の参加を募って車いすカーリングとスレッジの体験会が行われた。
(↓クリックで拡大表示)
車いすカーリングとスレッジの体験会
車いすカーリングとスレッジの体験会

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2007年01月14日(日)

2007 ジャパンパラリンピック アイススレッジホッケー競技大会

障害者スポーツの祭典「ジャパンパラリンピック」のアイススレッジホッケー競技大会が昨日から二日間にわたって旭川市の大雪アリーナで開催された。12回目になる同大会の北海道開催は初めてである。アイススレッジホッケーは専用のそりに乗り、2本のスティックを使って行なう障害者のアイスホッケー競技。今回は北海道・八戸連合、東京、長野の3チームが参加して総当たりのリーグ戦が行なわれた。
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ八戸バイキングス連合 2(1-0,0-1,1-0)1 東京アイスバーンズ

(↓クリックで拡大表示)
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合 vs 東京アイスバーンズ
2007ジャパンパラリンピックアイススレッジホッケー競技大会

昨日2連勝した長野サンダーバーズが昨年に続き連覇を飾った。
1位:長野サンダーバーズ
2位:北海道ベアーズ&八戸バイキングス連合
3位:東京アイスバーンズ


大会終了後、旭川障害者スポーツ振興支援会の主催でスレッジ体験会と韓国チームを招いての国際親善クラブマッチが行なわれた。(↓クリックで拡大表示)
スレッジ体験会
スレッジ体験会
スレッジ
スティック

国際親善クラブマッチ 第一試合
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ 0(0-3,0-4,0-4)11 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)
東京アイスバーンズ vs 江原道庁(Gangwondo)

国際親善クラブマッチ 第二試合
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ 2(1-0,0-4,1-2)6 ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)
北海道ベアーズ vs ヨンサム(Yonsam)

国際親善マッチ記念撮影

EOS-1D MarkII + EF24-70mm F2.8L USM, EF70-200mm F2.8L IS USM, EF300mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved