1  |  2  |  3  |  4  |  5 

2014年02月08日(土)

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会(北海道ボブスレー・スケルトン連盟主催)が8日、札幌市藤野リュージュ競技場で行われた。

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

※写真は小林たかき(TK Sports Shooting)の2本目滑走

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会競技開始前にライディングフォームのレクチャー 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会滑走順番のドロー
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会3位までトロフィーがもらえる 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会競技に使用するスケルトン
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会参加者の経験値の差を考慮して、公平を期すためにスケルトンに乗った状態で、大会スタッフが押してスタート。 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会
第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会 第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会
順位 1本目
滑走順
2本目
滑走順
氏名 所属 1本目
タイム
1本目
順位
2本目
タイム
2本目
順位
合計
タイム
1 4 4 小林たかき TK Sports Shooting 25.11秒 1 24.62秒 1 0:49.73
2 3 3 藤井千絵 NHK札幌 25.75秒 2 25.06秒 2 0:50.81
3 2 2 天野宗夫 阿部新聞店 26.02秒 3 25.31秒 3 0:51.33
4 1 1 坂本優子 十勝毎日新聞社 27.33秒 4 25.78秒 4 0:53.11

第3回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

(練習滑走の様子 本番ではスケルトンに乗った状態でスタート)

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2014年02月08日 23:59

2014年02月02日(日)

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会(主催:札幌市、札幌市体育協会 主管:札幌リュージュ連盟)が2日、札幌市藤野リュージュ競技場で行われた。  (写真は競技選手の部で優勝したヒューゴ・アルベスさん)

第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会小中学生の部、一般市民の部(女子)、一般市民の部(男子)、競技選手の部、4クラス合計62名が参加。 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会開会式で選手宣誓を行なう、競技選手の部出場の東駿佑さん
            

競技選手の部(滑走距離400m)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
ヒューゴ アルベス スパークイングリッシュスクール 55.782 (27.937, 27.845)
松本 大 札幌新陽高校 57.018 (28.351, 28.667)
東 駿佑 札幌新陽高校 57.043 (28.518, 28.525)
澤田海斗 朝日大学 57.914 (29.444, 28.470)
松本 悠 札幌市立藤野南小学校 58.009 (29.013, 28.996)
矢田目虎流 札幌市立南の沢小学校 58.135 (29.106, 29.029)
(10名参加)
小中学生の部 (滑走距離250m) 
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
伊藤慎吾 札幌市立陵北中学校 44.976 (22.531, 22.445)
前田樹利 札幌市立東札幌小学校 47.328 (23.766, 23.562)
佐々木斗也 札幌市立南の沢小学校 47.504 (23.804, 23.700)
山口雄大 札幌市立簾舞小学校 48.057 (23.998, 24.059)
大高柚衣 札幌市立藤の沢小学校 49.800 (24.851, 24.949)
宮下七海 札幌市立真駒内桜山小学校 50.125 (25.685, 24.440)
(8名参加)

一般市民の部(女子 滑走距離250m) 
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
佐藤ひろみ   48.205 (24.199, 24.006)
伊藤 瞳 八軒北児童会館 48.330 (24.336, 23.994)
安田優子   48.934 (24.514, 24.420)
瀧山純代 セントラル創建 50.438 (26.059, 24.379)
矢島靖子 snow surfes 50.720 (25.312, 25.408)
後藤なみ   51.801 (27.389, 24.412)
(8名参加)
一般市民の部(男子 滑走距離250m)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
順位 氏名 所属 タイム(秒)
湯浅貴文 北海道工業大学 44.883 (22.288, 22.595)
岡本彰博 陸上自衛隊 44.963 (22.472, 22.491)
柴田栄治 旭川電気軌道 46.068 (23.160, 22.908)
玉置雄一 北海道工業大学 46.090 (23.217, 22.873)
菅原大策 北海道JRエージェンシー 46.155 (22.821, 23.334)
小林たかき TK Sports Shooting 46.244 (23.186, 23.058)
(36名参加)
第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会 第54回札幌市民体育大会リュージュ競技大会
Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2014年02月02日 23:31

2014年01月27日(月)

ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会

ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会ソチオリンピックリュージュ競技で日本勢としてただ1人出場権を得て日本代表となった、金山英勢選手(23歳、札幌学院大)の壮行会が27日、所属する北海道リュージュ連盟の主催により、札幌市内のホテルで行われ、多くの関係者から激励を受けた。 ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手壮行会


ソチ五輪リュージュ競技日本代表選手記者会見

壮行会の前に行なわれた記者会見では、「上位入賞できるように頑張りたい。」と抱負を語り、ガッツポーズで意気込みを見せた。

 

<リュージュ競技日程>

現地時間 日本時間 競技種目
2/8 18:30 2/8 23:30 男子1人乗り
(1本目・2本目)
2/9 18:30 2/9 23:30 男子1人乗り
(3本目・4本目)

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2014年01月27日 23:59

2014年01月12日(日)

第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会

第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会(主催:北海道リュージュ連盟)は12日、札幌市藤野リュージュコースで行われた。9名の報道関係者等が参加して250mコースを男女混合で2回滑走、合計タイムで順位を競った。

第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
NHK札幌の久下真以子アナウンサーによる選手宣誓
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会開会式終了後に橇の操作方法などを教わる選手達
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
練習滑走を行うため150m地点へ向かう
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会150m地点で練習滑走のスタート
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会私のスタートの様子(本番の250m地点)
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
HTBの室岡里美アナウンサー
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会荒れ気味のコースに手こずって、前半のストレートで側壁に数度接触して2本目2位。2本目も挽回することが出来ず、完敗であった。またしても、3連覇ならず。
1位: 吉原 淳
(読売新聞社)
50.319秒
(24.940、25.379)
2位: 小林 たかき
(TK Sports Shooting)
50.816秒
(25.074、25.742)
3位: 吉野 裕介 
(読売新聞社)
52.735秒
(26.191、26.544)
4位: 清水 生 
(読売新聞社)
52.823秒
(26.127、26.696)
5位: 久下 真以子
(NHK札幌)
54.296秒
(27.108、27.188)
6位: 野島 正徳 
(読売新聞社)
54.487秒
(27.986、26.501)
第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
2位のカップ、賞状、そして賞品の「さっぽろ銘菓 リュージュの街

これから2月末まで競技会や体験教室が行われます。スケジュールは札幌リュージュ連盟のホームページを御覧下さい。

第15回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2014年01月12日 22:36

2013年01月13日(日)

第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会

第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会(主催:北海道リュージュ連盟)は13日、札幌市藤野リュージュコースで行われた。今年は9名の報道関係者等が参加して250mコースを男女混合で2回滑走、合計タイムで順位を競った。

第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会今日の競技で使用するリュージュ。今シーズンから新しい橇(赤)を使用する。 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会テレビ番組の収録
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会開会式 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会道新ローイングクラブの大熊成美さんによる選手宣誓 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
開会式後に練習滑走を行うため150m地点へ向かう選手達。
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会150m地点で練習滑走のスタート 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 
250m地点で本番滑走前にオンボードカメラの準備
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
HTBのイチオシモーニング
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会こちらはNHKのネイチャリング北海道
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 私のスタートの様子
   
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会1本目は集中力が欠けていたのか前半のストレートで側壁にぶつかりまくって25秒085とまさかの4番手。これでは連覇は無理と思ったけれど、2本目は気を取り直して本日のラップタイムとなる23秒233。他の選手が2本目にタイムを伸ばせず、辛うじて連覇することが出来ました。
1位: 小林 たかき
(TK Sports Shooting)
48.318秒
(25.085、23.233)
2位: 山本 マサミ
(ネイチャリング北海道)
50.307秒
(23.865、26.442)
3位: 菊田 結梨花
(ネイチャリング北海道)
51.029秒
(24.706、26.323)
4位: 藤田 貴大
(道新ローイングクラブ)
52.010秒
(25.902、26.108)
5位: 佐藤 悦子
(ネイチャリング北海道)
52.523秒
(26.522、26.001)
6位: 大熊 成美
(道新ローイングクラブ)
54.734秒
(24.722、30.012)
第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会 優勝カップ、賞状、そして賞品の「さっぽろ銘菓 リュージュの街

これから2月末まで競技会や体験教室が行われます。スケジュールは札幌リュージュ連盟のホームページを御覧下さい。

第14回全日本ジャーナリスト・リュージュ札幌大会

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved

2012年02月19日(日)

第48回北海道リュージュ選手権大会

第48回北海道リュージュ選手権大会
第48回北海道リュージュ選手権大会(北海道リュージュ連盟主催)は19日、札幌市藤野リュージュ競技場で行われ、4クラス合計24名の選手が参加して、各クラス2本ずつの滑走を行い合計タイムを競った。
(写真は小中学生の部で優勝した松本健太郎選手)

第48回北海道リュージュ選手権大会開会式で選手宣誓を行う原田裕太選手 第48回北海道リュージュ選手権大会各部優勝者に授与されるトロフィー


【小中学生の部(滑走距離:250m)】
第48回北海道リュージュ選手権大会 第48回北海道リュージュ選手権大会
第48回北海道リュージュ選手権大会 第48回北海道リュージュ選手権大会
第48回北海道リュージュ選手権大会 第48回北海道リュージュ選手権大会
img_0024_std
小中学生の部(滑走距離:250m) 7名参加
順位 氏名 所属 1本目 2本目 合計
1 松本健太郎 藻岩南小学校 21.408 21.611 43.019
2 伊藤慎吾 桑園小学校 22.563 22.237 44.800
3 山口雄大 簾舞小学校 23.010 22.748 45.758


【2部男子一人乗り(滑走距離:250m)】
第48回北海道リュージュ選手権大会
滑走を終えた選手が見守る中、ゴール前の最終ストレートを滑走する選手
第48回北海道リュージュ選手権大会250mスタート地点でスタート順を待つ選手達
本来、2部男子の滑走距離は400mであったが、今回初めて滑走する参加者がいるため、急遽250mに短縮された。
第48回北海道リュージュ選手権大会私の1本目スタート 第48回北海道リュージュ選手権大会
スタート直後の緩いS字。ここでのミスがその後の側壁接触を招いてタイムロスしてしまったのが悔やまれる

第48回北海道リュージュ選手権大会
2部男子一人乗り(滑走距離:250m) 11名参加
順位 氏名 所属 1本目 2本目 合計
1 羽山竜兵 北海道工業大学 22.584 22.154 44.738
2 中島将貴 北海道工業大学 22.574 22.733 45.307
3 小林たかき TK Sports Shooting 23.339 22.130 45.469


【1部男子一人乗り(滑走距離:500m)】
第48回北海道リュージュ選手権大会優勝:松本 大選手
第48回北海道リュージュ選手権大会 第48回北海道リュージュ選手権大会
第48回北海道リュージュ選手権大会 第48回北海道リュージュ選手権大会
第48回北海道リュージュ選手権大会
1部男子一人乗り(滑走距離:500m) 5名参加
順位 氏名 所属 1本目 2本目 合計
1 松本 大 札幌新陽高校 33.764 31.955 64.719
2 澤田海斗 札幌南陵高校 32.528 32.313 64.841
3 吉國秀平 北海道大学 32.267 32.678 64.945


【1部女子一人乗り(滑走距離:500m)】
第48回北海道リュージュ選手権大会
優勝:山田奈津弥選手
img_0027_std
1部女子一人乗り(滑走距離:500m) 1名参加
順位 氏名 所属 1本目 2本目 合計
1 山田奈津弥 札幌大学 33.978 34.572 68.550
2          
3          

第48回北海道リュージュ選手権大会閉会式終了後に参加選手と役員で記念撮影

第48回北海道リュージュ選手権大会
来週(2/26)開催予定の「第33回スポーツショップ古内杯リュージュ競技大会」で今シーズンは終了となる。

Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2012年02月19日 18:27

2012年02月11日(土)

第1回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会

11日、第1回全日本シャーナリストスケルトン選手権大会(北海道ボブスレー・スケルトン連盟主催)が、札幌市藤野リュージュ競技場で行われた。

bh1d7592_std(写真は私の1本目滑走)
参加者はNHKアナウンサーの赤松俊理さん、十勝毎日新聞の成田融さん、そして私の3名。 今回が初めての大会ということと告知期間が短かったこともあり、先ごろ行なわれたジャーナリストリュージュ大会には多くが参加した北海道新聞勢も不参加で少々寂しい開催となった。

bh1d7558_std競技開始前にライディングフォームのレクチャー bh1d7577_std滑走順番のドロー
bh1d7617_std参加者3名なので必ずトロフィーがもらえる。果たして誰がどのトロフィーを獲得するのだろうか。 bh1d7551_std今日、私が使用したスケルトン。通称「洗車屋号」


他の参加者はスケルトンに乗るのは今日初めて。私は2010年の市民体育大会で優勝したこともあり経験値は高い。大きなミスをしない限り、初代王者獲得は固いだろうと思っていた。

しかし、1本目のタイムはトップから3秒も遅れてしまった。1度も壁面に接触せず、いい感じのライン取りだったのだが、何故だ? 思い当たるミスも無く遅れの理由が判らない。
そして2本目。トップの赤松さんは1本目よりもタイムを落とした。1本目に遅れをとった原因が判れば逆転も可能であったが、判らずにスタート。結果は2秒遅れで、更に差が開いてしまった。
成田さんよりもタイムが悪く、初代王者どころか3位に終わってしまい、1月に行なわれたジャーナリストリュージュ大会と合わせての2冠ならず。 しかも、 3位と言っても要するにビリである。

そして、2本目終了後に、はたと気がついた。
スケルトンのスタートは自分でスケルトンを押しながら助走して、スピードがのってきたところで飛び乗る。しかし、このスタートは慣れないと若干難しいので、初心者向けの体験会などでは、スケルトンに乗った状態でスタッフに押して貰いスタートする。体験会などでは軽く推し出す程度なので、助走したほうが初速が速く出来る。今回はどちらの方法でも良いということだったので、私はもちろん助走スタートを選んだ。しかし、これが大失敗であった。
助走してのスタートといってもスパイクは履いていないので氷の上では滑ってしまい走る速度はたかが知れている。 ところが、スタッフはスパイクを履いて、目一杯走って他の2名を押していった。ということでスパイク無しの私の走りでは、明らかにスタート速度が劣ってしまったのである。 滑走距離は250mと短いので、スタート速度の遅さは致命的で、作戦ミスによる惨敗であった。えーん

dsc07752_std赤松さんのスタート。スケルトンに乗った状態で、大会スタッフが押しながらダッシュしてスタート。 dsc07759_std私のスタート。自分で助走してスケルトンに飛び乗ったところ。


dsc07746_stdスタート前の記念撮影 bh1d7648_std表彰台にて
それにしても、どうもNHKからの参加者と相性が悪い。2009年はNHKディレクター2011年にはNHKアナウンサーにジャーナリスト・リュージュ大会の連覇を阻止された。そしてスケルトンもNHKにやられてしまった。
今度こそ勝たねば。ムッ


ジャーナリスト大会終了後、明日開催される北海道選手権の公式練習が行なわれた。

bh1d7679_std bh1d7709_std
bh1d7732_std bh1d7756_std
bh1d7855_std bh1d7810_std元ソフトボール五輪代表の高山樹里さん

EOS-1D MarkIVで撮影した動画 Copyright ©2004-2016 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2012年02月11日 23:59
 1  |  2  |  3  |  4  |  5