« 今日のトレーニング -Day223 | メイン | 新型路面電車 SWIMO(スイモ)とHi-tram(ハイトラム) »

2008年03月08日(土)

■ 第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日

4日間に渡って開催された第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技の最終日は札幌市白旗山距離競技場で男女パシュート競技が行われた。

●女子パシュート7.5kmC+7.5kmF
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日女子パシュート
女子パシュートはビブナンバー1の大林千沙(美幌スキー連盟)が転倒し、後続の数名が巻き込まれるという波乱のスタートとなった。
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日
パシュート競技は前半をクラシカルスタイルで滑り、このピットにてスキーを履きかえて後半のフリースタイルを滑る。ピットタイムも計測され、その順位も発表される。

女子パシュート1位:石田正子(JR北海道スキー部)
石田正子(JR北海道スキー部)が一度も先頭を譲らずフィニッシュして女子優勝、6日に行われたスプリント・クラシカル(1km)と合わせて今大会2冠を獲得した。

(↓クリックで拡大表示)
女子パシュート2位:小林美貴(日本大学保健体育審議会)、3位:丸山未紀(早稲田大学スキー部)
2位:小林美貴(日本大学保健体育審議会)-左
3位:丸山未紀(早稲田大学スキー部)-右
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日女子パシュート表彰
順位 氏名 所属 7.5kmC Pit 7.5kmF フィニッシュ 時間差
1 石田正子 JR北海道スキー部 22:25.2 (1) 00:31.3 (1) 21:49.2 (2) 44:45.8 0.0
2 小林美貴 日本大学保健体育審議会 23:05.4 (2) 00:39.8 (=22) 21:40.9 (1) 45:26.2 +40.4
3 丸山未紀 早稲田大学スキー部 23:23.1 (5) 00:35.1 (=5) 22:04.5 (3) 46:02.8 +1:17.0

●男子パシュート15kmC+15kmF
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日男子パシュート
64名の参加選手が一斉にスタート

男子パシュート優勝:金丸富男(DOWAスキークラブ)
男子優勝は金丸富男(DOWAスキークラブ)。昨年のパシュート(20km)に続く2連覇を達成した。

(↓クリックで拡大表示)
男子パシュート2位:駒村俊介(チーム明徳寺)、3位:高口嘉樹(陸自冬戦教)
2位:駒村俊介(チーム明徳寺)-左
3位:高口嘉樹(陸自冬戦教)-右
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日男子パシュート表彰
順位 氏名 所属 15kmC Pit 15kmF フィニッシュ 時間差
1 金丸富男 DOWAスキークラブ 43:05.4 (3) 00:28.3 (2) 39:24.6 (2) 1:22:58.4 0.0
2 駒村俊介 チーム明徳寺 43:05.3 (2) 00:31.0 (9) 39:26.6 (3) 1:23:03.0 +4.6
3 高口嘉樹 陸自冬戦教 43:41.3 (19) 00:34.3 (=32) 38:53.3 (1) 1:23:09.1 +10.7

第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日 優勝:石田正子、金丸富男
控えめなガッツポーズでフィニッシュラインを通過する石田正子と喜び弾ける金丸富男

第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日
第86回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技最終日
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2008年03月08日 23:59
カテゴリー: クロスカントリー , ノルディックスキー , スポーツ

関連するエントリー