« 天人峡温泉宿泊 1日目 | メイン | 1万キロ »

2009年08月10日(月)

■ 十勝岳(2,077M)、美瑛岳(2,052.3M)日帰り縦走

十勝岳山頂
望岳台(930M)から、十勝連峰(十勝火山群)の最高峰である十勝岳(2,077M)に登り、平ヶ岳(2,008M)、鋸岳、美瑛岳(2,052.3M)を経由して望岳台へ戻った。 (↓クリックで拡大表示)
十勝岳、美瑛岳縦走07:15 登山開始 十勝岳、美瑛岳縦走07:18
十勝岳、美瑛岳縦走07:21 十勝岳、美瑛岳縦走07:57
十勝岳、美瑛岳縦走08:09 十勝岳避難小屋 十勝岳、美瑛岳縦走08:11 小屋の保守作業が行われていた
十勝岳、美瑛岳縦走08:14 前十勝コースは立入禁止 十勝岳、美瑛岳縦走08:37
十勝岳、美瑛岳縦走08:49 十勝岳、美瑛岳縦走09:06 十勝岳山頂が見えてきた
十勝岳、美瑛岳縦走09:11 中央に見えるのは美瑛岳 十勝岳、美瑛岳縦走09:13 十勝岳(左)と前十勝(右)
十勝岳、美瑛岳縦走09:29 スリバチ火口(左)とグラウンド火口(右) 十勝岳、美瑛岳縦走09:31 スリバチ火口
十勝岳、美瑛岳縦走09:36 スキー部員の高校生が我々の3倍のスピードで追い抜いて行った 十勝岳、美瑛岳縦走09:44 火山礫の広い尾根
十勝岳、美瑛岳縦走09:45 十勝岳、美瑛岳縦走09:45
十勝岳、美瑛岳縦走09:49 ここからガレた急坂となる 十勝岳、美瑛岳縦走10:03 山頂まであとひといき
十勝岳、美瑛岳縦走10:15 山頂到着。追い越して行ったアスリート達で賑わっていた 十勝岳、美瑛岳縦走10:27 十勝岳山頂から鋸岳、美瑛岳、オプタテシケ岳、トムラウシ山を望む
十勝岳、美瑛岳縦走10:28 前十勝周辺から吹き上げる噴煙 十勝岳、美瑛岳縦走10:28 上ホロカメットク山からの縦走路
十勝岳、美瑛岳縦走10:29 tkss0514_std10:29 スリバチ火口から火山礫の広い尾根に連なる登山道
十勝岳、美瑛岳縦走10:29 富良野岳 十勝岳、美瑛岳縦走
10:33 単独で上ホロカメットクの方から登ってきた登山者
十勝岳、美瑛岳縦走11:00 十勝岳を後にして美瑛岳に向かう 十勝岳、美瑛岳縦走11:02 十勝岳山頂を振り返って
十勝岳、美瑛岳縦走11:05 十勝岳、美瑛岳縦走11:07 平ヶ岳から見た十勝岳
十勝岳、美瑛岳縦走11:09 手前は鋸岳 十勝岳、美瑛岳縦走11:19 鋸岳の南側を巻いて美瑛岳に向かう
十勝岳、美瑛岳縦走11:33 この辺りはお花畑っぽかった 十勝岳、美瑛岳縦走11:58 十勝岳に振りかえると、面白い形の雪渓があった
十勝岳、美瑛岳縦走12:02 十勝岳、美瑛岳縦走12:23
十勝岳、美瑛岳縦走12:27 十勝岳、美瑛岳縦走12:29 このルートでの最大の難所?
十勝岳、美瑛岳縦走12:34 十勝岳、美瑛岳縦走12:40 美瑛富士、オプタテシケ山
十勝岳、美瑛岳縦走12:59 十勝岳、美瑛岳縦走13:05

美瑛岳山頂

13:10 美瑛岳山頂(2,052.3M)に到着

十勝岳、美瑛岳縦走13:12 美瑛岳山頂から眺める美瑛富士、オプタテシケ山 十勝岳、美瑛岳縦走13:24 下山開始
十勝岳、美瑛岳縦走14:09 ハイマツの間を縫う塹壕のような登山道 十勝岳、美瑛岳縦走14:16 美瑛岳、美瑛富士の分岐
十勝岳、美瑛岳縦走14:31 今回のルートで最初のロープ場 十勝岳、美瑛岳縦走14:37 そして、梯子
十勝岳、美瑛岳縦走14:48 ポンピ沢の流れに疲れた足を浸してクールダウンっていうか水が冷たすぎてアイシングって感じ 十勝岳、美瑛岳縦走15:20 今回唯一の雪渓越え
十勝岳、美瑛岳縦走15:20 雪渓に降りるところも急坂でロープ有り 十勝岳、美瑛岳縦走15:23 美瑛岳下山ルートを振り返って
十勝岳、美瑛岳縦走16:03 十勝岳避難小屋が見えてきた 十勝岳、美瑛岳縦走16:46 望岳台帰着
十勝岳、美瑛岳縦走
Path
十勝岳、美瑛岳縦走
十勝岳、美瑛岳縦走
Elevation
十勝岳、美瑛岳縦走

所要時間:9時間30分 歩行距離:16.0km 累積標高差:±1540m

気温が高かったため、十勝岳山頂までの登りは結構体力を消耗した。

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2009年08月10日 23:50
カテゴリー: 登山

関連するエントリー


コメント

9時間半もよく歩きましたね(笑)
街中をそんなに歩いたら
翌日寝込んでしまうけれど山道は歩けるから不思議ねビックリ

私の感想としては
行き帰りとも望岳台から美瑛十勝の分岐までの
1時間(往復計2時間)は余計でしたね、、、!ゲッソリ
ソレが無ければ7時間半で楽勝だったのに。

でもイワブクロやサワギキョウやエゾコザクラの
群生が見られたので大願成就ですね。
TKさん、お付き合いありがとうポッ

投稿者 K子 : 2009年08月13日 10:20

確かにそんな長時間、街中を歩くなんて考えられませんね。
トータルな体力面では、それ程疲れを感じる事はないけど、
何分にも脚が攣りやすい体質なので、その辺りを克服したい
ところであります。
仰るとおり十勝岳避難小屋まではダラダラと長かったですね。
でも、森林限界の低い活火山性の山は虫が少なくて良いです。ニコッ

投稿者 Takaki [TypeKey Profile Page] : 2009年08月13日 19:49

!ワシも行きたい!いいな~いいな~凄いな~綺麗だな~

投稿者 musuko : 2009年08月14日 06:22

確かに火山性の山は虫がいないので快適ですよねポッ

それに羆も出ないしね|||
緑深い山は羆がいても見えないからね~~~ポカーン


山はすきだけれど熊さんには出会いたくない・・・・・ので。

投稿者 K子 : 2009年08月14日 23:54