« 2018年02月 | メイン

2018年03月03日(土)

立崎芙由子、枋木司が優勝 第54回バイアスロン日本選手権

第54回バイアスロン日本選手権大会は3日、スプリント競技が西岡バイアスロン競技場(札幌市)で行われ、女子7.5km 競技銃は、平昌五輪代表の立崎芙由子(自衛隊体育学校)が射撃ペナルティー無しの21分46.0秒で優勝した。
第54回バイアスロン日本選手権大会 立崎芙由子第54回バイアスロン日本選手権大会 立崎芙由子 
第54回バイアスロン日本選手権大会 古谷沙理2位:古谷沙理(自衛隊体育学校) 第54回バイアスロン日本選手権大会 三橋李奈3位:三橋李奈(自衛隊体育学校)

男子10km 競技銃は枋木司(自衛隊体育学校)が26分56.5秒で優勝した。 第54回バイアスロン日本選手権大会 枋木司
第54回バイアスロン日本選手権大会 尾崎光輔2位:尾崎光輔(自衛隊体育学校) 第54回バイアスロン日本選手権大会 猪股和弥3位:猪股和弥(自衛隊体育学校)

◆スプリント種目 競技銃 女子 7.5Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
立崎芙由子 自衛隊体育学校 0 0 0 21:46.0 00:00.0
古谷 沙理 自衛隊体育学校 1 1 2 22:15.8 00:29.8
三橋李奈 自衛隊体育学校 2 0 2 23:03.1 01:17.1
 
◆スプリント種目 競技銃 男子 10Km
順位 氏名 所属 P S T 総合タイム 時間差
枋木 司 自衛隊体育学校 0 1 1 26:56.5 00:00.0
尾崎光輔 自衛隊体育学校 1 0 1 26:58.8 00:02.3
猪股 和弥 自衛隊体育学校 0 2 2 27:33.1 00:36.6
Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved

投稿者 Takaki : 23:59
バイアスロン , スポーツ

2018年03月24日(土)

原田侑武、茂野美咲が優勝 第19回伊藤杯シーズンファイナルジャンプ

ノルディックスキー・ジャンプ今季国内最終戦の第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会は24日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(K点123メートル、HS137メートル)で行われ、男子は原田侑武(雪印メグミルク)

が120.5メートル、143メートルの261.0点で優勝した。女子は茂野美咲(CHINTAI)が115.5メートル、112.5メートルの189.6点で制した。 男女とも平昌五輪代表は出場していない。
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 原田侑武男子優勝の原田侑武(雪印メグミルク)

第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 中村直幹2位:中村直幹(東海大学)
246.0点(123.5m,132.5m)
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 内藤智文3位:内藤智文(古河市スキー協会)
245.5点(133.0m,123.0m)

第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 茂野美咲女子優勝の茂野美咲(CHINTAI)
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 大井 栞2位:大井 栞(札幌日大高校)
162.6点(108.0m,107.5m)
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 小林諭果3位:小林諭果(CHINTAI)
157.9点(105.5m,108.5m)

第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会
表彰式終了後、今季限りで現役を退く選手の引退セレモニーが行われ、恒例の青野さんによる花向けの”ラストコール”、そして選手、関係者やファンから花束などが贈られた。
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会澤谷夏花(北海道畠山GYM)と竹田歩佳(デンソー北海道)
第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 斎藤翔太ラストジャンプ後に胴上げされる斎藤翔太(東京美装) 第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 澤谷夏花ラストジャンプ後に胴上げされる澤谷夏花

第19回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

Copyright ©2004-2018 TK Sports Shooting, All Rights reserved

投稿者 Takaki : 23:59
ノルディックスキー , ジャンプ , スポーツ