« ACANA CUP DISC DOG GAME 2005 Stage4 | メイン | 今日の庭の花 »

2005年08月29日(月)

■ 第5回バイアスロンローラースキー全国大会

8月28日(日)に、西岡バイアスロン競技場ローラースキーコースで開催された、第5回バイアスロンローラースキー全国大会の冬戦教から入ったレポートです。

午前中に男女のマススタート競技が、午後は男女のチームスプリント競技が行われました。

●「マススタート競技」
・午前9時に男子が21名、一斉スタートで競技が始まりました。競技は2,5kmコースを4周する、10kmで行われた。
スタートから勢い良く全員が飛び出しポジション取りの激しいレースで始まった。
1週目は18名が団子状態で通過し二周目に突入、コース上ではトップが頻繁に入れ替わる激しいレース展開で、優勝の行方は予想のつかない状態でした。
3週目に入り、トップ集団が10名に絞られ、二周目と変わらず激しいトップ争いが展開されて、そのまま4週目に入いる。
このままいくと勝負はゴール前のスプリントで決まるという展開で、集団を作ったまま会場に現れた。
先頭は、ベテランの菅、2番目に齊藤、3番目に角、4番目に山田、5番目に浅利、その他後続がつながりながら、ゴールに向かう、最後の直線勝負、ゴール直前できわどく菅をかわし齊藤がトップでゴールを切り優勝をかざった。

スタート登り 接戦
1位:齊藤 慎弥  19分26秒6
2位:菅   恭司  19分26秒9
3位:山田 優一  19分27秒1
4位:浅利 嘉之   19分27秒3
5位:角   雄治  19分27秒6
1秒の中に1位から5位まで入るという激しいレースでした。

・午前10時に女子が、7名同時スタートで競技開始。競技は2,5kmコースを3周する、7,5km、で行われた。
スタートから大高が飛び出し、それを柴田、田中、豊岡、江村、らが追いかける。二周目に入ると、ここで積極的に大高に食らい付いていた柴田が後退し田中が2番手に上がりこの二人がレースを引っ張る。
二人に遅れること20mで柴田、豊岡、江村と続き3週目にはいる。3週目に入りトップの大高は若干スピードは鈍ったものの、しぶとくトップを守る。追いかける田中、その差は20m、なかなか詰まらない、
結局、スタートから飛び出し、トップを走り続けた大高がそのままゴールラインを切り優勝を飾った。

大高友美 田中珠美
1位:大高 友美  16分55秒7
2位:田中 珠美  17分01秒4
3位:江村  恵   17分06秒1

●「チームスプリント競技」
13時30分に男女同時スタートで競技開始。レースは、男女別で2名一組のチームリレー方式で1kmコースを1周毎タッチして2回ずつ走ります。
この競技も、男子はスタートから団子状態で、アンカー勝負になり、ゴール前の激しいスプリントで、勝負が決まりました。
女子は、順当に力を出した大高・田中チームが優勝した。

チームスプリント

男子チームスプリント表彰 女子チームスプリント表彰
▼男子
1位:齊藤・蛯沢組  8分24秒1
2位:浅利・木田組  8分24秒5
3位:渡邊・目黒組  8分25秒3

▼女子
1位:大高・田中組   9分54秒6
2位:豊岡・柴田組  10分03秒6
3位:役田・江村組  10分18秒2

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2005年08月29日 23:21
カテゴリー: バイアスロン , クロスカントリー , ノルディックスキー , スポーツ

関連するエントリー