« 世界ノルディック札幌大会を振り返って 〔その4〕 | メイン | 風邪ひき »

2007年04月15日(日)

■ 2007年くりやま老舗まつり

毎年恒例の「くりやま老舗まつり」を観に栗山町へ。
小林酒造の「第19回 北の錦 酒蔵まつり」と谷田製菓の「第9回 きびだんごまつり」が併催されている。去年までは車で行ってたので、日本酒の試飲が出来なくて残念であった。
ということで、今年は思う存分試飲するべくJRで栗山を訪れた。

(↓クリックで拡大表示)
一日散歩きっぷ 2,040円
一日散歩きっぷ 2,040円
札幌周辺のフリー区間内を普通列車乗り放題
札幌~栗山往復2,460円よりちょっとお得。
札幌駅の駅弁
札幌駅の駅弁
美味しそうだったけど、まだお腹は空いていないので
パス
岩見沢駅ホーム
岩見沢到着。ここで室蘭本線に乗り換え。
ホームにばんば馬の銅像があった
栗山駅ホーム
9時半頃、栗山到着 我が家から約2時間半の旅。
そういえば、ワンマン車両に乗ったのは初めてである。
谷田製菓
駅からの道すがら、まず谷田製菓に立ち寄る。
谷田製菓
「日本一きびだんご」で有名な老舗である。
きびだんご工場 その1
きびだんご工場 その1
きびだんご工場 その2
きびだんご工場 その2
きびだんご工場 その3
きびだんご工場 その3
きびだんご工場 その4
きびだんご工場 その4
箱詰めされて出荷を待つきびだんご
箱詰めされて出荷を待つきびだんご
きびだんごの原材料
きびだんごの原材料
小林酒造
そして小林酒造へ
飲酒運転追放のためのドライバー識別ステッカー。
車での来場者が多いのだが、運転手は皆まじめに
貼っていたかな?
北の錦 酒蔵まつり
10時ちょっと前に到着したが、既に多くの人たちで
賑わっていた。


北の錦 酒蔵まつり
早速、試飲コーナーへ。
このためにJRで来たのである。
北の錦 酒蔵まつり
酒類販売コーナー

北の錦 酒蔵まつり
今年のお目当ては、「吟風ふなくち詰 火入れ前」と
「搾りたておりがらみ」
北の錦 酒蔵まつり
恒例の厚岸産生牡蠣炙り焼き

北の錦 酒蔵まつり
6個で1000円
北の錦 酒蔵まつり
少々肌寒かったので、きのこ汁で暖まった。
そば処「錦水庵」
敷地内のそば処「錦水庵」
お酒の仕込み水を使ってそばを打っている
そば処「錦水庵」
錦水庵 店内
昭和元年に建てられた民家を使用している
「錦水庵」いなかそば
いなかそば(650円)を食べて小腹を満たして、
会場を後にした。
栗山町マンホールの蓋
栗山のマンホールの蓋には蝶が描かれていた。

43/3/34.389,141/46/38.557
北海道夕張郡栗山町錦3丁目134番地
43/3/33.152,141/46/25.494
北海道夕張郡栗山町錦3丁目109番地
Panasonic DMC-FX01
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年04月15日 23:55
カテゴリー: 飲み食い , 旅行