« 3年ぶりに皆既月食 | メイン | 今日のトレーニング -Day417 »

2010年12月22日(水)

■ 肘が腫れた

数日前から左肘がヒリヒリするなと思っていたら、
滑液包炎
肘の先端が膨れ上がった。特に肘に痛みや痺れは無いが、触るとぷにぷにしている。
どうやら水が溜まってしまったようだ。
ということで、先日肩の痛みを診てもらいに行った、市立札幌病院へ。
dsc05189_std dsc05187_std
予約を入れておいたので、殆待たずに診察してもらえた。
激しく肘をぶつけたりしたわけでは無いので、ずっと続いている肩の痛みの影響かと尋ねたら、特に直接関係は無いそうだ。担当医曰く、激しくなくても度重なる圧迫や過剰な摩擦で発生することがあるとのこと。
病名は滑液包炎。特に悪性では無いと思われるので、しばらく様子を見るか、それとも水を抜きますか?と言われたので、とりあえず邪魔なので水を抜いてもらうことにした。水抜きは注射器で吸い取るだけで、1分もかからずに終了。
また溜まるかもしれないので、邪魔になったら、また来て下さいということであった。場合によっては滑液包(関節の周囲にある袋)を摘出手術することもあるが、完全に取り去るのは難しいので勧めないとのことであった。
滑液包炎水抜き前 滑液包炎水抜き後
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2010年12月22日 16:12
カテゴリー: 雑記

関連するエントリー