« 今日の昼食 -麺屋 直 あっさり塩 | メイン | 今日の夕食 -円山バル~地球防衛軍~ »

2011年09月15日(木)

■ 誕生100年の大通公園でバースデーイベント

大通公園100周年
札幌市中央区の大通公園が今年整備100年を迎えたのを祝って、12日から市などが主催の「記念ウイーク」が始まり、19日まで各種イベントが催されている。
15日、18時からのバースデーイベントでは、さっぽろテレビ塔のイルミネーションをケーキのろうそくに見立てて、参加者が一斉に吹き消すセレモニーが行われた。
大通公園100周年
ハッピーバースデーの曲を歌い、

大通公園100周年

掛け声と共にローソクの炎(テレビ塔上部の赤い照明)が吹き消された。
大通公園100周年 大通公園100周年
大通公園100周年 大通公園100周年お祝いの言葉を述べる上田札幌市長
大通公園100周年 大通公園100周年

大通公園は西1丁目から12丁目まで広がる、幅65メートル、全長1.5キロの公園。 1871(明治4)年に北側の官庁街と南側の商店街や住宅地の間に火災の延焼を防ぐ火防線として造成された幅105メートルの道路が始まりで、当時は「後志(しりべし)通」と呼ばれた。 その後1909年から、近代公園の先駆者である長岡安平(ながおかやすへい)氏の設計によって本格的に公園として整備され、1911(明治44)年に完了した。
第2次世界大戦中は食糧不足のために、1万坪がジャガイモなどの菜園になったり、戦後は占領軍に接収されて教会や野球場、テニスコートが造られたりしたこともある。 その後、1950年から5年計画で芝生と花壇がある公園としてよみがえり、1957年にはテレビ塔が完成した。
16日からは全道の食の祭典「オータムフェスト」が始まる。

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2011年09月15日 23:36
カテゴリー: 雑記 ,

関連するエントリー