« 強風で1回勝負に、高梨は12位 W杯女子ジャンプ札幌大会 | メイン | 高梨沙羅、ラージヒルでも優勝 宮様スキージャンプ »

2013年02月03日(日)

■ 高梨、5位で2戦連続表彰台逃す W杯女子ジャンプ札幌大会

ノルディックスキーのワールドカップジャンプ女子札幌大会は3日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第10戦が行なわれた。FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会強めに降る雪と不安定な風という悪条件の中で、22歳のジャクリーン・ザイフリーズベルガー(オーストリア)が94メートル、93メートルを飛び、245.7点でW杯初優勝を果たした。昨季総合女王のサラ・ヘンドリクソン(米国)は3位だった。

FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会2位:アネッテ・ザーゲン(ノルウェー)
241.0点(93.0m,99.0m)
FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会3位:サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)
240.2点(93.5m,87.5m)


現在総合首位の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)は2回とも86メートルと伸びず、合計225.4点で、前日の第9戦を制したフランスのコリーヌ・マテルと同点の5位タイに終わった。今季2戦連続で表彰台を逃すのは初めて。
その他の日本勢は伊藤有希(下川商高)が11位、茂野美咲(ライズJC)は20位、平山友梨香(北翔大ク)は30位だった。渡瀬あゆみ(サッポロスキッド)は31位、小浅星子(ライズJC)は35位で2回目に進めなかった。

FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会高梨沙羅の1回目

FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会 FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会高梨の2回目
FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会 FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会同点で首位に立ち、リーダーボードの前で後続選手のジャンプを見つめる高梨とコリーヌ・マテル(フランス)
FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会横風で左のスキーが煽られたサラ・ヘンドリクソンの2回目 FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会
FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会ジャクリーン・ザイフリーズベルガー2回目のランディング FISワールドカップジャンプレディース2013札幌大会
左から、2位アネッテ・ザーゲン、1位ジャクリーン・ザイフリーズベルガー、3位サラ・ヘンドリクソン

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2013年02月03日 23:41
カテゴリー: ノルディックスキー , ジャンプ , スポーツ

関連するエントリー