« 道産子に乗る | メイン | 今日の朝食 -陸奥湊 大洋食堂 »

2007年08月18日(土)

■ 恐山

恐山
唐突だが、日本三大霊山のひとつである恐山に来ているのである。

先日、恵山に登って以来、是非訪れてみたいと思っていた。
さて、初めて訪れた印象はというと、予想外にコンパクト。
恵山の姉妹山ということで、さらにスケールが大きいのだと思っていたが、箱庭といった感じであった。

恐山
恐山
恐山
恐山

恐山
境内には四か所の湯小屋があり、参詣者は自由に入浴できる。右が男性用の「冷抜の湯」、左が女性用の「古滝の湯」
恐山
「冷抜の湯」の内部。硫黄泉で、「長湯は禁物、5~10分程度の入浴にしましょう」と貼り紙に書かれていた。
源泉温度が高いため加水しているというのが少々残念だが、中々良い湯であった。

恐山

EOS-1D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM, SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL/HSM
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年08月18日 23:50
カテゴリー: 雑記 , 風景 , 旅行

関連するエントリー


コメント

どうしても撮らなくてはならない仕事なのですよね。
でも気をつけて。
こういうところで仕事をすることもあるんですねー。
なかなか・・・普通ではいけないところなので
びっくりしました。

投稿者 ふゆこ : 2007年08月19日 15:53

そんな大それたもんじゃないです。

投稿者 Takaki [TypeKey Profile Page] : 2007年08月21日 01:01

何か変わった物が写ってるとかなかったですか?

投稿者 tmp : 2007年08月21日 09:27

思ったより観光地的であったのでいささか拍子抜けの感。
もっと凄い秘境的なイメージを持っていたので、、、
(昔は確かに秘境だったのでしょうが)

富士山麓一帯の広大な風景を
コンパクトにまとめて1時間で巡れるようにしたような
TKさんの言うとおりの箱庭霊場でありましたね。

やはり大祭のイタコさんがいる時に行くと
雰囲気が違うのでしょうかしら、、、。

投稿者 K子 : 2007年08月21日 11:15

■tmpくん
心霊写真を撮るために行ったんじゃないんだヨ。
それに、霊格が高いので変なものは寄ってこないそうです。

■K子さん
そうですね。もっとスピリチュアルなところだと思っていたのですが、
観光地でしたね。

投稿者 Takaki [TypeKey Profile Page] : 2007年08月21日 17:32