« 今日の昼食 -マグマ 2009年4月のマンスリーカレー | メイン | 新生カチューシャ КАТЮША »

2009年04月19日(日)

■ 宮島沼 2009春

国内最北最大の真雁寄留地である宮島沼で春の渡りの季節を迎えて、北へ渡るマガンの飛来数がピークを迎えている。4月15日に約64000羽のマガンがカウントされたとのことである。
宮島沼のマガン
午前4時32分、日の出前に一斉に飛び立つ。
宮島沼のマガン
4時25分頃から、パラパラと小集団で飛び立ち始めたので、今日は一斉飛び立ちしないかと危ぶまれた。周りの見物人たちからも落胆のため息が漏れていたが、なんとか良い感じに飛び立ってくれた。
昨年はチャンスを逃したが、今年は観る事が出来た。ちなみに一昨年の様子はこちら
(↓クリックで拡大表示)
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼突堤
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン
宮島沼のマガン

大きな地図で見る
  
宮島沼
残月が出ていたので「月に雁」を狙ったが、
残念ながら「月にカラス」残念

宮島沼のマガン
月に被るような高さでマガンは飛んでくれなかったので、わざとらしく合成してみた。ニヤリ
EOS-1D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM, EF300mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2009年04月19日 09:58
カテゴリー: 動物 , 自然

関連するエントリー