« 廃墟探訪 ~ひがし大雪アーチ橋巡り(旧国鉄士幌線) | メイン | 今日の夕食 -ラムとろ丼 SHIBETSU inn 翠月 »

2009年11月22日(日)

■ 幌加温泉 ホロカ温泉旅館

糠平周辺のコンクリートアーチ橋巡りを終えて、幌加温泉に向かった。
幌加温泉 ホロカ温泉旅館
ホロカ温泉旅館
当初は、すぐそばにある「湯元鹿の谷」へ行くつもりだったが混んでいたので、こちらに入ることにした。
駐車スペースに車を停めて、坂道を登っていくと明治・大正時代の洋館を思わせる建物の前で野生の鹿が3頭出迎えていた。
幌加温泉 ホロカ温泉旅館
大小2つの湯船のある内風呂。手前の大きいほうが硫黄泉で奥の小さい湯船は含硼酸重曹食塩泉となっていて、どちらも源泉掛け流しである。 写真には写っていないが、左手前に打たせ湯がある。御覧のとおり、浴槽の縁から洗い場にかけて、湯の花がこびりついていて、お湯の濃さを物語っている。
硫黄の香り、湯加減が程良く、とてもいい湯であった。
幌加温泉 ホロカ温泉旅館 幌加温泉 ホロカ温泉旅館手書きの温泉分析書には昭和31年7月27日と記されている
幌加温泉 ホロカ温泉旅館 幌加温泉 ホロカ温泉旅館
幌加温泉 ホロカ温泉旅館 幌加温泉 ホロカ温泉旅館
幌加温泉 ホロカ温泉旅館宿のご主人から餌をもらう鹿 幌加温泉 ホロカ温泉旅館とても人懐こくて、私が手を出しても逃げずに寄ってきた。

大きな地図で見る
幌加温泉 ホロカ温泉旅館
北海道河東郡上士幌町幌加番外地

GR DIGITAL II


11月21日に様子を見がてら立ち寄ってみたかんの温泉菅野温泉旅館。 やはり営業していなかった。

お湯がとても良いと評判だったので、入れなくて残念。

かんの温泉 菅野温泉旅館 かんの温泉 菅野温泉旅館

大きな地図で見る
かんの温泉 菅野温泉旅館
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2009年11月22日 23:57
カテゴリー: 温泉 , 旅行

関連するエントリー


コメント

東大雪の秘境温泉を巡る旅は、、、
かんの温泉だけ行けませんでしたね涙

ちょっと忍び込んで見たかったですが、、、
立ち入り禁止だったので。


湯守する人がいないのかなぁ、、、、
良さそうな温泉でしたが。

ホロカ温泉もいい感じでしたね。
鹿が来る宿だったんですねぇ~~~~。
今度お泊りもしてみたいです。

投稿者 K子 : 2009年12月04日 00:00

かんの温泉は残念でしたね。ショボーン

投稿者 Takaki [TypeKey Profile Page] : 2009年12月07日 21:30