1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7 

2005年08月29日(月)

第5回バイアスロンローラースキー全国大会

8月28日(日)に、西岡バイアスロン競技場ローラースキーコースで開催された、第5回バイアスロンローラースキー全国大会の冬戦教から入ったレポートです。

午前中に男女のマススタート競技が、午後は男女のチームスプリント競技が行われました。

●「マススタート競技」
・午前9時に男子が21名、一斉スタートで競技が始まりました。競技は2,5kmコースを4周する、10kmで行われた。
スタートから勢い良く全員が飛び出しポジション取りの激しいレースで始まった。
1週目は18名が団子状態で通過し二周目に突入、コース上ではトップが頻繁に入れ替わる激しいレース展開で、優勝の行方は予想のつかない状態でした。
3週目に入り、トップ集団が10名に絞られ、二周目と変わらず激しいトップ争いが展開されて、そのまま4週目に入いる。
このままいくと勝負はゴール前のスプリントで決まるという展開で、集団を作ったまま会場に現れた。
先頭は、ベテランの菅、2番目に齊藤、3番目に角、4番目に山田、5番目に浅利、その他後続がつながりながら、ゴールに向かう、最後の直線勝負、ゴール直前できわどく菅をかわし齊藤がトップでゴールを切り優勝をかざった。

スタート登り 接戦
1位:齊藤 慎弥  19分26秒6
2位:菅   恭司  19分26秒9
3位:山田 優一  19分27秒1
4位:浅利 嘉之   19分27秒3
5位:角   雄治  19分27秒6
1秒の中に1位から5位まで入るという激しいレースでした。

・午前10時に女子が、7名同時スタートで競技開始。競技は2,5kmコースを3周する、7,5km、で行われた。
スタートから大高が飛び出し、それを柴田、田中、豊岡、江村、らが追いかける。二周目に入ると、ここで積極的に大高に食らい付いていた柴田が後退し田中が2番手に上がりこの二人がレースを引っ張る。
二人に遅れること20mで柴田、豊岡、江村と続き3週目にはいる。3週目に入りトップの大高は若干スピードは鈍ったものの、しぶとくトップを守る。追いかける田中、その差は20m、なかなか詰まらない、
結局、スタートから飛び出し、トップを走り続けた大高がそのままゴールラインを切り優勝を飾った。

大高友美 田中珠美
1位:大高 友美  16分55秒7
2位:田中 珠美  17分01秒4
3位:江村  恵   17分06秒1

●「チームスプリント競技」
13時30分に男女同時スタートで競技開始。レースは、男女別で2名一組のチームリレー方式で1kmコースを1周毎タッチして2回ずつ走ります。
この競技も、男子はスタートから団子状態で、アンカー勝負になり、ゴール前の激しいスプリントで、勝負が決まりました。
女子は、順当に力を出した大高・田中チームが優勝した。

チームスプリント

男子チームスプリント表彰 女子チームスプリント表彰
▼男子
1位:齊藤・蛯沢組  8分24秒1
2位:浅利・木田組  8分24秒5
3位:渡邊・目黒組  8分25秒3

▼女子
1位:大高・田中組   9分54秒6
2位:豊岡・柴田組  10分03秒6
3位:役田・江村組  10分18秒2

Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年08月29日 23:21

2005年03月27日(日)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 最終日

冬戦教広報から入ったレポートです。

●3月27日(日)、第83回全日本スキー選手権、最終日、天候は雪/曇り、気温-2度、 風1~2mの中 女子30km・男子50kmクラシカル競技が行われました。
●女子 女子の30km競技は、 朝方から降りつずく雪がコース上にたまった状態でしたが予定通り9時に 全員一斉スタートで競技が始まりました。 レース前半はコースに雪がたまっている状況なので 抜け出すことが出来ず集団でレースは流れました。 先頭集団には冬戦教の曽根田選手が3番目を キープし、7・8番目あたりに冬戦教の松浦選手と柴田選手が付けてレースは後半へ進む、 レース後半になり、北海道JRの石田選手、冬戦教の曽根田選手、弘果SRCの福田選手、 そして 早稲田大学の大類選手と続き、第2集団に松浦選手を含めた5・6人が上位を狙って追いかける展開に、 レースが動き出したのは25kmをすぎてからの上り坂で、 曽根田選手が一気に勝負をかけてスパートする。 後続も賢明に追いかけるが曽根田のスパートについて行けず、 曽根田はその差を徐々に広げ、 2位に20秒の差を付けてそのままガッツポーズでゴールし優勝を決めました。 その他、第6位に今大会好調の松浦選手が入り、 第8位に1年目新人の柴田選手が全日本選手権初入賞しました。
 
●女子30kmクラシカル競技のスタート 
          ●第6位入賞、松浦選手の走り(右から二人目)  
●優勝した曽根田選手の軽快な走り            ●ガッツポーズで優勝のゴールラインを切る曽根田選手

  ●優勝カップを手に喜びの曽根田選手            ●入賞の面々(前列中央: 柴田選手、
                                     後列左:松浦選手、
                                     後列中央:優勝の曽根田選手)

1位: 曽根田千鶴  1:53:09.6 北海道    陸自冬戦教
2位: 福田 修子  1:53:29.8 青 森    弘果SRC
3位: 石田 正子  1:53:40.9 北海道    JR北海道

●男子 男子50km競技は、1030予定通り全員一斉にスタート、 この頃になるとコースの雪が少しずつ溶け出して、難しいワックスになってくる。 先頭に出ると滑りが悪くなるため、牽制しながらレースは始まった。 先頭はNTT長野の今井選手、それを冬戦教の山田選手、青木選手、畠山選手ら6名が続く、 第2集団に冬戦教の福士選手、斎藤選手、を含めた集団が前を追いかける。 30kmを過ぎても先頭の今井選手は軽快なピッチで走る。2位との差を徐々に広げていく、 35km過ぎで、2位グループから冬戦教の青木選手が抜け出して先頭の今井を追いかける。 3位以降は5・6名の集団で続く。 40km過ぎたあたりで、1位今井選手と2位青木選手の差は約1分30秒、 まだまだ挽回できるタイムである。 しかし今井選手のピッチは落ちなかった。青木選手も必死に追いかけるがその差は縮まらず、 青木選手は結局第2位でゴール、第3位に後半しぶとい頑張りを見せたベテラン福士選手が入った。 その他は4位に畠山選手、5位に山田選手、8位に斎藤亮選手が健闘し入賞した。
pict ●男子50kmクラシカル競技:スタート
  ●第2位入賞に輝く:青木選手                  ●第3位入賞: 福士選手、ベテラン健在なり!   ●表彰台の第2位青木選手(左)と第3位福士選手(右)  ●冬戦教は7名の入賞者を出した。

1位: 今井 博幸  2:37:17.7 長 野    NTT長野
2位: 青木 正和  2:39:45.4 北海道    陸自冬戦教
3位: 福士 鎮顕  2:40:04.1 北海道    陸自冬戦教
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年03月27日 19:40

2005年03月25日(金)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 七日目

冬戦教広報からのレポートです。

3月25日(金)、第83回全日本スキー選手権、天候は雪、気温-2度、 風3~6mの地吹雪の中
女子Wパシュート(7,5kmクラシカル+7,5kmフリー)
男子Wパシュート(15kmクラシカル+15kmフリー)競技が行われました。
この種目は、今回で2回目の新しい種目で、 一般にあまり知られていないと思いますので簡単に説明します。

☆女子
 スタートは一斉スタートで実施します。最初はクラシカル走法で3,75kmの
 コースを2周走ります。2周したらすぐスケーティング用のスキー・ ストックに交換して
 同じく 3,75kmのコースを2周してゴールとなります。スキー・ ストック交換も素早く
 交換しなければタイムをロスします。
 
  
●女子のスタート                       ●スキー・ストック交換の様子

pict
●男子のスタート
 
☆男子
 基本的に実施要領は女子と同じですが、コースは5kmコースをクラシカル・ フリーそれぞれ3周します。

●女子競技
荒天の中予定通り0930スタートしました。
最初はクラシカル走法ですが、 コースに吹雪いた雪が入るためスローペースで全員一列に
並ぶレース展開でした。2周目から徐々に集団がばらけだし、トップ集団に10名前後、
第2集団に10名前後で、フリー走法に移りました。 ここから一気にレース展開が早くなり
余力の有るものが積極的に前に出て行きました。
その中で5番手争いに冬戦教の松浦選手、10番から15番手に向井選手、江村選手が
続き、最終的に7位:松浦選手、14位:向井選手、18位:江村選手という結果でした。
※期待の豊岡選手は体調不良のため途中棄権しました。 
  
●1週目のトップグループ               ●松浦選手の2周目

●7位入賞の松浦選手のゴール前のスパート

1位 : 福田 修子  青 森  弘果SRC
2位 : 石田 正子  北海道  JR北海道
3位 : 大林 千沙  青 森  弘果SRC


●男子競技
男子も天候は回復せず吹雪の中を予定通り1100スタート
男子も縦1列のスローペースで始まりました。
2周目から集団が分かれだして、トップ集団に冬戦教の青木選手と斎藤(亮) 選手がはいり
7名でレースを引っ張るレース展開に、後続グループは前に出る機会をうかがいながら福士選手、
山本選手、三浦選手、清水目選手らが続きました。
フリー走法に移りトップは、NTT長野の今井、14秒遅れて2位にニッセンスポーツの神津、
4秒遅れて3位青木と続き優勝はこの3人に絞られました。 その後ろは3位から20秒以上の
遅れで続きました。青木選手に終盤での挽回を期待しましたが、青木選手は3位でゴールしました。
5位に斎藤 亮選手、7位に新人の畠山選手、9位にベテランの福士選手が入賞しました。
悪天候の中、選手全員最後まで頑張りました。
 
  
●男子1周目                       ●9位入賞の福士選手

●5位入賞の斎藤亮選手(先頭)
 
  
●3位入賞の青木選手                 ●7位入賞の畠山選手のラストスパート

●青木選手(右):表彰で3位のメダルを胸に!
 
1位 : 今井 博幸  長 野  NTT長野
2位 : 神津 正昭  北海道  ニッセンスポーツ
3位 : 青木 正和  北海道  陸自冬戦教
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年03月25日 19:44

2005年03月24日(木)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 六日目

冬戦教広報から入ったレポートです。
3月24日(木)、第83回全日本スキー選手権
天候は晴れ時々曇り、気温0度~+4度、風1~2mの中
男子チームスプリント2名×1.5km×3Lap競技、
女子チームスプリント2名×1.5km×3Lap競技が行われました。
この種目は、今回から採用された新しい種目で、一般にあまり知られていないと
思いますので簡単に説明します。
●2名1チームで、一人1.5kmのコースを走り、リレー方式で実施します。
 第1走者は全員一斉スタートで1.5kmを走って来て、第2走者にタッチします。
 これを3回続けて繰り返してゴールとなります。
 
●女子(参加13チーム)
 第1走者は堀之上選手、第2走者は豊岡選手
 0930スタートし、JR北海道、弘果SRC、早稲田大学、冬戦教、日本大学、
 他のチームが集団を作りコースへなだれ込むハイペースのレースになった。
 第1走者の堀之上はトップから15秒遅れて第2走者の豊岡にタッチ、
 豊岡は前を行く3チームを賢明に追いかけ、すこし差を詰めて堀之上にタッチ
 堀之上も賢明に前を追いかけるが差は縮まらず、豊岡にタッチ後続は引き離したが
 3周目もそのままの位置で、前を捕まえることが出来ず4位でゴール!
  
●前を賢明に追いかける堀之上選手の力走  ●堀之上選手から豊岡選手にタッチ

  
  
●後続を引き離し前を追う豊岡選手の力走  ●表彰式: 第4位の表彰を受ける堀之上選手と豊岡選手
 
●男子(参加27チーム)
 男子はまず予選を2個グループに分かれて実施し、グループから5チームが
 勝ち上がりで決勝レースを実施しました。
 冬戦教は4チームが決勝に進み優勝を狙って頑張りました。
 レースはNTT長野、アインズSC、冬戦教B・C・D・E、早稲田大学、日本大学
 高田自衛隊A、その他のチームが集団を作りコースへ。
 第2走者あたりから、チームのポジションがだいたい決まりだし、
 1・2・3位争いにNTT長野、アインズSC、冬戦教Cが続き、4位争いに
 冬戦教B・D・E、高田自衛隊A、早稲田大学、日本大学、飯山南高校が続きました。
 結局流れを変えることは出来ず、1位NTT長野、2位アインズSC、3位に冬戦教C、
 4位高田自衛隊A、5位冬戦教B,6位冬戦教Dの順番でゴールしました。
 
 
●男子決勝戦のスタートの様子           ●第1走者:先頭は冬戦教C横浜選手・・

  
●第1走者、横浜選手から第2走者、        ●表彰式: 第3位の冬戦教C、横浜選手と木田選手
 木田選手へタッチ
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年03月24日 19:52

2005年03月22日(火)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 四日目

本日は取材に行ってませんが、冬戦教広報から入ったレポートです。

3月22日(火)、全日本スキー選手権三日目、 天候は曇り、男子15km・女子10kmのフリー競技が行われ、
男子15kmフリー競技で 斎藤 亮 が全日本初優勝 しました。!       


●男子は、 斎藤 亮が男子個人種目で冬戦教としては3年ぶりの優勝を飾りました。
 競技は5kmコースを3周するコースで行われ、斎藤選手は、1周目から積極的に
 飛ばしてトップに立ち、最後までその位置をキープしガッツポーズでゴールしました。  
 その他、3位にベテランの福士、4位に青木、9位に山本、10位に木田と溝渕
 が同タイムで入りました。
●女子は、5kmコースを2周するコースで行われ、前半から攻めの走りで
 上位を狙っていた豊岡が4位に入賞、11位に松浦、 14位に柴田が入りました。
男子成績
1位 斎藤 亮   冬戦教            39:04.7
2位  今井 博幸 NTT長野         39: 22.3  
3位 福士 鎮顕 冬戦教         39:49.9
4位 青木 正和 冬戦教        40:04.3
5位 神津 正昭 ニッセン       40:14.1 
6位 堀米 光男 志賀高原SC   40: 34.9
7位 野上 幸寿 早稲田大学    40: 49.3
8位 遠藤 智徳 2戦車上富良野 41: 01.3
9位 山本 直人 冬戦教        41:14.4
10位 木田 理   冬戦教         41:20.8
10位 溝渕 勇司 冬戦教        41:20.8               
    
●優勝した斎藤選手の力強い                         ●ベテラン福士選手の熟練の走り
 走り! 後ろは溝渕選手

     
 ●表彰台の1位:斎藤選手、 3位:福士選手    ●入賞した6名:左から斎藤、青木、福士、木田、溝淵、山本

 女子成績
1位  石田 正子   JR北海道   29:21.7          
2位  福田 修子   弘果SRC   29:22.7
3位  野尻 あずさ   日本大学    30:33.2
4位  豊岡 祐美     冬戦教       30:36. 3
5位  矢口 小百合  北村山高校  31:14.8
6位  小林 由貴   十日町高校   31:18.7
7位  下平 恵理華  飯山南高校  31:27.7
8位  清水 美穂   飛騨神岡高校 31:34.2 
9位  丸山 未紀   飯山南高校  31:35.7
10位  篠原 文香   中京大学    31:57.7
11位  松浦 恵美   冬戦教      31:58.4
14位  柴田 飛鳥   冬戦教      32:21. 6     
        
●4位入賞と健闘した豊岡選手(右)、 次はもっと高い所に  ●前を行く選手を賢明に追いかける豊岡選手
  立てるように頑張って欲しい。
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年03月22日 23:54

2005年03月21日(月)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 三日目

本日は、リレー競技。女子は5Km×3(1走C、2・3走F)、男子は10Km×4(1・2走C、3・4走F)
晴天の下、白旗山距離競技場で開催。

pict
女子スタート

pict
男子スタート

pict
第一、第2走者はクラシカル。

pict
女子は久しぶりに高校生チームが優勝。飯山南高アンカー下平(写真左)
四連覇を誇示する四本指を高々と掲げてゴールする冬戦教Aアンカー斉藤。(写真右)

pict
女子
1位:飯山南高校 48:29.6
2位:津南高校  49:08.4
3位:日本大学A 49:22.8


pict
天皇杯とメダルが誇らしげな、冬戦教A

男子
1位:陸自冬戦教A 1:58:28.1
2位:陸自冬戦教B 2:00:03.7
3位:高田自衛隊A 2:01:17.8


これで、今シーズンの屋外ウィンタースポーツの撮影は終了かな。

EOS-1D MarkII, EOS-1D + EF24-70mm F2.8L USM, EF300mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki : 2005年03月21日 22:57

2005年03月20日(日)

第83回全日本スキー選手権大会 クロスカントリー競技 二日目

白旗山距離競技場で、本日は男女スプリントクラシカル1.5Km。
予選は15秒おきに順にスタートし、決勝トーナメントは4名ずつの同時スタートで競います。

pict
女子決勝のスタート

pict
ビデオ判定にもつれ込んだゴール前のデッドヒートを制したのは#2 夏見 円(JR北海道)

pict
男子決勝のスタート

pict
余裕でトップゴールの恩田 祐一(アインズSC)

pict
女子
1位:夏見  円  北海道  JR北海道
2位:福田 修子  青 森  弘果SRC
3位:石田 正子  北海道  JR北海道


男子
1位:恩田 祐一  滋 賀  アインズ SC 
2位:成瀬 野生  学 連  早稲田大学
3位:山岸  修  滋 賀  アインズ SC


EOS-1D MarkII + EF300mm F2.8L USM
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7