« 世界ノルディック札幌大会2日目 男女チームスプリント | メイン | 世界ノルディック札幌大会3日目 ジャンプHS134 »

2007年02月23日(金)

■ 世界ノルディック札幌大会2日目 複合スプリント7.5km

クロスカントリーチームスプリント決勝の後、札幌ドームでの最後の競技となるノルディックコンバインドスプリント 7.5kmが行なわれた。
W杯の個人種目で45勝と歴代最多にもかかわらず、世界選手権と五輪での個人メダルがなかった「無冠の帝王」ハンヌ・マンニネン(フィンランド)がついに世界一に輝いた。
ノルディックコンバインドスプリント 7.5km
雄たけびを上げながらゴールした、ハンヌ・マンニネン(フィンランド)。

ノルディックコンバインドスプリント 7.5km
前半飛躍は9位。首位と49秒差で後半距離を迎え、最終ラップ残り1キロの上り坂で首位に立ち、モアン(ノルウェー)との競り合いを0秒3差で制した。

日本勢は、前半ジャンプでエース高橋大斗がアクシデントにみまわれ左肩を骨折し、残念ながらリタイア。残り3名が後半距離に挑んだ。  (↓クリックで拡大表示)
小林範仁(東京美装)
25位:小林範仁(東京美装)
渡部暁斗(長野・白馬高)
31位:渡部暁斗(長野・白馬高)
加藤大平(サッポロノルディッククラブ)
32位:加藤大平(サッポロノルディッククラブ)
表彰式
表彰式


■今日の舞台裏
札幌ドームサブプレスセンター
札幌ドーム1階の南北連絡通路横に設けられたサブプレスセンター。この写真に写っているのはフォトグラファースペースで、後ろにライタースペース、ケータリング、記者会見スペースが設けられている。
机に張り紙して場所取り禁止とされているが、海外メディアはお構い無し...
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年02月23日 23:59
カテゴリー: ノルディックスキー , ノルディック複合 , スポーツ Tags : 世界ノルディック札幌大会