« 世界ノルディック札幌大会3日目 ジャンプHS134 | メイン | 世界ノルディック札幌大会4日目 ジャンプ団体戦で日本が銅メダル »

2007年02月25日(日)

■ 世界ノルディック札幌大会4日目 女子距離複合(15キロ)

白旗山競技場でクロスカントリー女子パシュート(7.5kmクラシカル+7.5kmフリー)が行なわれた。
クロスカントリー女子パシュート(7.5kmクラシカル+7.5kmフリー)
競技はマススタートで行なわれ、59名が一斉にスタート。

オリガ・サビアロワ(ロシア)
ロシアのオリガ・サビアロワが優勝。世界選手権では2003年イタリア大会の30キロフリーに続く、自身2個目の金メダルを獲得。

女子パシュートフラワーセレモニー
1位:オリガ・サビロワ(ロシア)  41:27.5
2位:カテリナ・ノイマノバ(チェコ)  41:28.0(+0.5)
3位:クリスティン・ストルメル・ステイラ(ノルウェー)  41:29.6(+2.1)

(↑クリックで拡大表示)

日本からは横山寿美子(セコム上信越)、石田正子(JR北海道)、曽根田千鶴(冬戦教)がエントリー。
横山寿美子(セコム上信越)、石田正子(JR北海道)、曽根田千鶴(陸自冬戦教)
結果は、
23位:横山寿美子  43:26.2(+1:58.7)
26位:石田正子  43:32.9(+2:05.4)
38位:曽根田千鶴  45:02.1(+3:34.6)

パシュート ピット
クロスカントリーのパシュート競技は、前半にクラシカル、後半にフリー走法で走りその合計で競う。
前後半の間でピットに入り、スキー板を履き替えるのだが、このピット作業も記録されピットタイムの順位がつけられる。今回は横山寿美子が27.8秒で1位であった。

横山寿美子、石田正子
並走する横山(手前)と石田。

曽根田千鶴
メインスタンド前を通過する曽根田。


■今日の舞台裏
EOS-1D MarkII
フィニッシュライン奥のTVカメラブースに取り付けられたカメラ。無線でリモートコントロールされる。カメラからケーブルでぶら下がっているのが受信機。
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年02月25日 23:55
カテゴリー: クロスカントリー , ノルディックスキー , スポーツ Tags : 世界ノルディック札幌大会