« 今日の昼食 -MEGAMAC | メイン | 今日のトレーニング -Day162 »

2007年04月05日(木)

■ 世界ノルディック札幌大会を振り返って 〔その1〕

2007年 FISノルディックスキー世界選手権札幌大会が終わってから早くも1ヶ月が過ぎた。大会期間中に取り上げなかった写真をもとに、これから数回に渡って大会を振り返ってみる。

ノルディックスキーはその名の通り、参加選手は北欧勢が大多数を占めるのだが、その中に混じってアフリカから参加した選手たちがいた。
TEKLEMARIAM Robel (ETH)
トリノでエチオピア選手として初めて冬季五輪に出場したロベール・テクレマリアム。その時と変わらずドレッドヘアをなびかせて力走した。選手と国のスキー連盟会長、監督、ワックスマンの一人4役をこなす。世界ノルディック初参加で順位は完走117人中の108位であった。3年後のバンクーバー五輪も目指している。

BOIT Philip (KEN)
1998年長野五輪で、ケニア選手として初めて冬季五輪に参加したフィリップ・ボイト。3大会連続の五輪出場を果たしている。今回の順位は115位であった。

KRAAS Oliver (RSA)
南アフリカのオリバー・クラースは90位。

この日は競技途中から激しい吹雪となり、大会期間中もっとも悪天候であった。そんな中を比較的コンディションの良かった早いスタート順であったとはいえ、アフリカ勢がすべて完走したのは立派なものである。
(2月28日 大会7日目 クロスカントリー男子15kmフリー 白旗山距離競技場にて)
Copyright ©2004-2017 TK Sports Shooting, All Rights reserved
投稿者 Takaki:2007年04月05日 22:42
カテゴリー: クロスカントリー , ノルディックスキー , スポーツ Tags : 世界ノルディック札幌大会